なぜ1月が償却資産申告書提出期限なのか?を探す

2022.1.19 毎年1月末に、事業者は償却資産申告書を各市町村に提出するのですが。

なんで1月なんだよぅ~。という税務会計業界の声多数です。毎年のお約束!

もしかするとだけど、、、昭和22年当時の財産税申告期限が1月末だった(らしい)からかも??

“なぜ1月が償却資産申告書提出期限なのか?を探す” の続きを読む

年金の源泉徴収票が届き始めています2021年分

2022.1.14 令和3年分の確定申告をしようとする年金受給者は、公的年金等の源泉徴収票(令和3年分)が必要です!

東京の一部では、年金の源泉徴収票が届き始めています~。

神奈川県の人たちにも順次届くと思いますので、捨てないでね!圧着式のハガキで、ペローンと開きます。名前が間違えていないか、確認してください!

字が小さいよ~。

年金の源泉徴収票はいつ届く?という質問に対し、令和3年分はもうそろそろ届くよ!をお知らせいたしました!

去年は、所得税の仕組み改正があったので、源泉徴収票が遅かったよね~。

確定申告の足音が聞こえてまいりました。がんばろう確定申告!

(‘◇’)ゞ

閃いた☆現金主義会計で解決

2022.1.2 私は閃いた☆個人事業主の現金主義会計の拡大化をすれば、帳簿の諸問題は解決されるんじゃないかって。

現在の現金主義会計は、専従者の給与引く前の所得か300万円なのであるが、思いきって1000万円にしちまったらどうでしょ?

さらに、減価償却の概念も現金主義にできませんかね?

銀行から借り入れして設備を買う。返済時の必要経費計上することを認める、というのはどーでしょ。

そうすれば、電子取引をきにしなくてよいてす。

二年間の猶予ができたけど、どういう運用になるやら、わからないもんね。

複式簿記いやって人は多いし、現金主義会計の拡大化をすれば、帳簿苦手な人が助かると思うんだよー。