「悲しみに、こんにちは」@映画レポ

30.7.22 珍しく映画鑑賞へ。市民シンポジウムのシナリオ作成もあるし。

渋谷ユーロスペースにて、スペイン映画の「悲しみに、こんにちは」という家族映画を観た!よかった!

なんと、50代以上の人が一人でもいる夫婦でいけば、値引きになるので二人で2400円!あざーす!

夫に、週末は寝てばかりだからどっか行こうと言ったところ、(涼しいところがいいという発想からだと思うけど)新聞で見た、こちらの映画を見てみよう。となりましたわ。

パンフレットでは、可愛い女の子が車からニッコリしていますが、中身はそんなにニッコリばかりではなかった。

悲しみに、こんにちは

「血とはなんだ?」という二つの意味の疑問は、最後にすべて解決される。

映画の感想を列挙させていただくと、

エンドロールが短い泣

日本語のタイトル、他になかったの?…英語のタイトルはsummer1993

環境で幸せを測れないんだなぁ

事前に映画の内容を把握せずに鑑賞を始め、人物相関図が分からず。こういうのは、分かっていく楽しみもあるよね。

最初からしっかり知っておきたい派は、あらかじめパンフでチェックしておくのがいいかもと思ったわ。

主人公の女の子の心情は、とても既視感があり。弟や妹がいれば、きっと感じることがあるよね。

親戚の小さい女の子たちも、やはり同じ心情の行動をするよね~。オンナは世界共通なんだね!

都会暮らしから田舎暮らしとなる戸惑いも表現されていて、「血」という疑問に繋がった。

ハンモックのマブい女性は、とある誰かを模倣したもの、という感想があり、なるほど!と。

チャリの補助輪を外すあたり、なんらかのチャリシーンを待ってたけど、観客各自の宿題となりました。

外国ってトイレにドアがないの?という疑問、

こびとしょうの方は乳母?家庭教師?エラ呼吸ってなんの話?

カタルーニャのお祭りのお面がお笑い番組みたいで…(笑)

映画は面白かった!特に女性は共感できると思います!

映画の詳細な内容ネタバレは次の投稿でパスワード1993で公開しますわ~♪

あなたのハートには、何が残りましたか?

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。