有事の際の役割分担@各自でがんばれ

2019.7.28 夫が、ノンフィクション番組を見て、感想を妻に話す。話は盛っています。

夫「今日、テレビ番組みてた」

なになに。

「去年、西日本で洪水があったでしょ。そのノンフィクション番組を録画していて、でカクカクシカジカ」

老夫婦が被災してしまった話。

ご高齢になったら、配偶者を連れて逃げられないケースはあるでしょう。

生き残る方は、救えなかった後悔をもって生き続けなくてはならず。

すっっごく悲惨だよね?

わたし、きっと耐えられない。心が優しいから。(誰も言ってくれないから自分で言う)

うう、もし夫の避難を助けられず、自分だけ避難しなければならなくなったら…

…ダメだ、想像するだけで胃痛がするわ。病む。

。・゜・(ノД`)・゜・。

「あ…その録画した番組は消すからさ。僕の分のドーナツあげるから元気出して」

あのさ!夫!

うちは子供がいないから、夫婦で協力してなんかせねばってことがないよね!

だから、有事の際はお互いが各自で自分の身を守ろう。

夫が勤務中に被災したら、無理して登戸に戻ろうとせず、勤務先近辺で落ち着くまで、ひとりでがんばれ。

「ワカッタ」

わたしは、帰宅しない夫はひとりでなんとかしていると信じるから、お互いが無事なものと思って、それぞれ頑張ろう。

「ワカッタ」

わたしのことを助けようとして、共倒れは避けよう。

わたし、もう充分楽しんだから、人生に悔いがないから、長生きしなくていい。夫はわたしを振り返らないで、走って逃げるんだよ。生き延びろ!

「ワカッタ」

今までありがとう夫よ。(ジーン。自己陶酔)

よかった、遺言は済んだぞ。夫のドーナツ食べて元気出そ。モグモグ

「あのさ。君にいくら貸してるっけ?」

ギクッ

「走って逃げ切ろうとしてないよね?頑張って働きなさいよ」

あ、はい。

…生き延びろ、わたし!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。