川崎市立日本民家園 50周年おめでとう

わが街、川崎市の宝のひとつと言える、日本民家園は、小田急線・向ヶ丘遊園駅から徒歩13分、南武線・登戸駅から徒歩25分のところにあるよ。
新宿駅から最寄り駅まで、急行で20分ほど。

何気に、こんなに古民家(23戸)がずらりとある場所も珍しいと思うよ。緑も多くて旅行気分。入場料は500円だけど、年間パスポートが1000円という破格です、奥さん!窓口で買えるよ。

29/5/7まではGWイベントもやっているよ。丁度、古民家のひとつを耐震工事しているので、見に来ると面白いかもね。

日本民家園 29GW
日本民家園 耐震工事中

古民家園は、夏休み自由研究の宿題が終わらない小学生は半べそかいて駆け込んでくるといいよ。タダだし。ヘタな絵でもいいから描いて「昔の人は大変だと思いました」ってコメント書いて提出すればハナマルよ。なお、遊園地はないよ。

場内には古民家を利用した昭和の味は普通の蕎麦屋さんもあり。お弁当を持参して場内で食べることも可能、場合によっては(イベントない時)写生も可能、囲炉裏の火にあたりながら税法暗記も頑張れば可能。

日本民家園 蕎麦屋 だんご美味しいよ

隣の広場は無料で、敷物引いて昼寝もOKだしSLの模型(見るだけ)あるので写真撮り放題、電車が1両ある(入れる)ので旅行気分にも。プラネタリウム(400円)、無料のプチ博物館(楽しい)もあり、更に奥には岡本太郎美術館(500円)もある。有料施設は、民家園入場券見せると割引があるらしい。プラネタと美術館の隣にはおしゃれなカフェもあるよ。そのうち、紹介するね。

生田緑地HP → http://www.ikutaryokuti.jp/hp/shisetsu.html

生田緑地公園 SL 竹林 鉄道

29.4.29は、日本民家園の50周年祭りで特別イベント開催!伝統芸能の披露があるらしい。これは行かねばと13時開始をちょっと遅れて到着。220人までらしいけど、大丈夫だろうといったものの、満員だった・・・。後から同じこと考えてたおじさんが粘って、「今3人出たから入れてもらえませんか?」と聞いていたので便乗しようと擦り寄って行ったところ、「整理券を貰えずに諦めた方もいらっしゃるので公平性が」と断られていた。そうだね・・・50年後には整理券配布の時間から来ますね。

諦めて、通常の古民家園を満喫よ。

入口の正門を入ると、期間限定で古民家園カフェをやっている。この古民家の元持ち主は金持ちだね。間違いない。机が金持ちだもん。オシャレな布が引いてあったりして。

日本民家園カフェ。

カフェ内は見学もできる、というか、見学できる古民家でコーヒーが飲めるって感じ。結納とかやりそうよ。席は少ないから、混んでるときは並ぶし、相席になる。(とはいえ、広いから相席っぽくないけど)

カウンターのようなイメージの長机があって、ぼっちで来て外を眺めながらコーヒーを飲みつつ読書している方がいた。ステキよ。

靴を脱ぐから水虫は直してから来てください。トイレも借りるといいよ。

今回は50周年祭りだから多くの古民家で囲炉裏に火がついていたけど、普段は1つか2つくらいしか、火が焚かれない。ボランティアの人が火を焚いてくれているので、座ってOK。ゆるく話をしてくれる。火を見つめるのは、ストレス解消になるらしい。暖炉の火をひたすら流すだけのユーチューブが人気だったりするんだって。

今回あがりこんだおうちは、床が竹!夏はいいけど、冬寒そうだよね。竹の上にムシロを引いているので足裏の刺激は薄れてしまう!

日本民家園 2LDK+P

昔のおうちは、囲炉裏の煙で家を燻して、虫対策や防水対策をしているらしく、夏でも囲炉裏を焚くらしい。めっちゃ暑いじゃん。夏でもご飯食べるときにお湯を沸かすみたいなもんかな。

ボ「この広い囲炉裏のある部屋で家族が食事をして、奥には客間と寝室があって、”円”のような形になってるんですよ~」
私「では、2LDKですね。キッチンすごく広いですね」
ボ「2LDK・・・・」
ボ「キッチンは囲炉裏と、囲炉裏奥の小さいスペースですかね~。そっちは農耕の道具だからキッチンではないかな。」
私「ではこっちは物置ですか?」
ボ「う~ん物置・・・馬もいるから・・・」
私「ガレージですね。なるほど、2LDK+P付ですね」
ボ「(なんか違う)」

という会話を楽しみ、可哀想に思われたのか、草で作ったバッタをもらえた!運がいいと、作り方も教えてもらえるみたいだよ。

古民家の屋根のテッペンは、藁だったり瓦だったり石だったりするんだけど、土にしているおうちもある。あやめが咲いている。頭お花畑とは、このことなんだね。

日本民家園。ラピュタの巨神兵を彷彿とさせる

苔って最高にカッコイイ。ところで、囲炉裏の火は、15時くらいになると消すので、早めにね!

日本民家園 囲炉裏

現在、日本民家園のボランティアさんは200名ほど。50年前、日本民家園が出来る前から近所に住んでいた方とお話できたりしてラッキー。まだまだ聞きたいことがたくさんあったけど、気配を察して早々に逃げられてしまった。

川崎市の宝のひとつ、日本民家園。季節が変わると表情も変わるよ。家族でカップルで友達同士でひとりぼっちでも楽しめる。スニーカーで遊びに来てね!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。

「川崎市立日本民家園 50周年おめでとう」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。