向ヶ丘遊園駅 北口 キッチン南海 食レポ

専修大学出身や、登戸近辺に住んだことがある人には結構な確率で言われるの。

「キッチン南海はまだやってる?」
やってるよ!食べに来なよ!

29.4.27 昔ながらの洋食屋さんで、昭和の庶民ドラマに出てきそうなお店。駅を降りたら、多摩区役所のある北口の出口へ。東急がある高層マンションのバスロータリーの手前の道を入ったらすぐ。

キッチン南海。ランチタイムは15時まで、特にランチメニューはないみたい。

メニューとお値段は??

キッチン南海

なんかすごい。

カツカレーすごいことになってる。

なにげに「ガラガラっ」の扉ではなく自動ドア。お店は、結構お客さんがいて、根強いファンがいるよね。男性が多いかな。

店内はカウンターに丸イスが7席ほど。THE昭和。

しょうが焼き&ヒラメフライを注文すると、ヒラメはないから白身魚だよ、とのことでそれを作ってもらう。

カウンター越しにお母さんがテレビ見ながら洗い物をして、お父さんが揚げ物しながらしょうが焼きを炒めるのを、足をブラブラさせながら見てた。こういうお店、子供の頃近所にあったな。マンプク亭っていったかな。もうないんだよなー。悲しい。

お店は、2階もあるけど今は客席利用をやめたんだって。昔は、専修大学生がどんちゃかやってたんだろうか??やりそうだなー!

カウンターの下に雑誌が置いてあった。ビックコミックオリジナルを発見!おお!

年季はいってるなー、なんて見たら、2014年のだった。なんてラッキー!フイチンさん、どらいち、ひよっこ料理人、今そこにある戦争、ああ、あったねぇ、と懐かしくパラパラ捲ってた。

多分、これらの雑誌は常連さんが置いてったんだろうなー、なんて思っちゃう。

ほどなく、定食を提供してもらい、私より先輩であろうお椀の味噌汁をすすったよ。
味噌汁とご飯がすごくおいしかった。キャベツは、お店で刻んでるんかな?付け合わせのスパゲッティが素朴でおいしい。しょうが焼きは、なんの主張もしない優しい味。玉ねぎ多目。白身フライは、揚げたてサクサクで魚はふんわりしてたよ。醤油かけて食べた。

美味しかったよー!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。