おがさわら丸 乗船から施設編

29.7.12 竹芝桟橋から小笠原諸島へ向かうため、おがかわら丸へ乗船。
600人くらいは乗ってるんじゃないかな?大きな船だよ。

全部で7階建て!最上階の8階は展望デッキで、海を眺めるもよし、日焼けするもよし。

今回は、税理士、弁護士、司法書士、公証人と総勢16人で父島と母島へ二手に別れて相談へ。

乗船後、早々にごろ寝部屋へ集まり、みんなで日程の打合せ。その後、飲み会が始まる。まだ12時だというのに!

私は竹芝桟橋で購入した、島寿司を食べるも、全然足りないので食堂へ。インターネットで見た、「船で焼いたアップルパイ★」は、7階の展望室売店にある。

「とろとろ♪牛タンシチュー★」なんてなかった。

島の塩ラーメンをすする。普通にうまい。780円。

島塩ラーメン780円

窓庭には、船旅っぽい窓があり、海を眺めながらラーメンをすする。結構船の速度は速いよ。酔いそうである…

まだ、遠くに陸地が見えているよ。食堂などには、テレビがあり、飛行機同様、この、船の現在地を表す。今は、千葉の先端を越え、本格的に完全海上となるよ。

売店にはカップラーメン船値段180円があり、お湯は売店と4階にあるよ。

ところで、往復の船席は、私は2等寝台を確保した。だいたい58000円くらい。当然全部自腹である。

カプセルホテルってこんな感じ?貸し毛布などは有料200円で借りれる。束の間の私の城!

2等寝台

私みたいなチビでも、正座すると頭が天井についてしまう。それでも、私は1階部分の割り当てをゲットしたので、ラッキーだったかも。

コンセントとライトがあるよ。

何気に船上は、11時出発後14時現在は繋がるよ。

東京湾は海が茶色だったけど、ここの海のしぶきは白く、海が青っぽくなってきた。たまに通りすぎる白い霞は、雲かな?いいえ、単なる海の水しぶき。

窓をぼんやり眺めているうちに、魚がピョーンと跳ねたら、いいのにな。

残り21時間。旅は続く

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。