向ヶ丘遊園 区画整理進捗 解体作業

29.12.21 向ヶ丘遊園の北口も、区画整理事業が進んでいる。


文房具屋さんはないし、ラーメン七志もないし、ブルーの外観のスナックもないよ。お蕎麦屋さん「登喜和屋」さんも一時休業よ。別の場所で、営業再開してくれるよ。

らーめん七志の裏手で、「壊し屋」さんたちが作業していた。お蕎麦屋さんの裏手も、解体作業が進んでいる。

よく、猫ちゃんが裏手で昼寝していた古いアパートは取り壊し作業に着手されていた。

古い木造のアパート。2階のベランダをショベルカーがグワシと掴んで下げると、ゆっくりと古い木製のベランダは簡単に地面へ落下した。

一緒に落下した植木鉢をショベルカーがグワシ。しかし、抵抗する鉢。ショベルカーは持ち手を代えて、逆手に植木鉢をグワシとし、植木鉢を逆さまにして中の土をトントンと鉢から追い出す。

また、地面に植木鉢を置き。

再び植木鉢をグワシ。抵抗する植木鉢。向きを変えて再びグワシ。

とうとう植木鉢は、跡形もなく崩れた。

ショベルカーは、次に落とし壊したベランダから、梁部分の柱を抜き取る。

上手だよね。機械とは思えないスムーズな動き。

進撃の巨人みたい。

巨人みたいなショベルカーの手さばきを、隣で見ていた女性が、工事の壊し屋さんと「…なくなっちゃうんですね…」と会話をしていて、通りすがりの猫ちゃんと一緒に、わたしも静かにそれを聞いていた。

ノスタルジックな気持ちと、工事現場の技術力の高さと、これからこの場所で紡いで行く未来への期待と、なんかたくさんの気持ちでいっぱいでありました。

けど、古くからの建物がなくなるのは、とっても寂しいな。新しいピカピカの建物が出来たら、この古びた建物のことを思い出す人はいなくなるのかな。

手打ちそば登喜和屋さんの隣のうなぎ屋さんも、店舗を移転して営業。こちらも、昭和の趣きがある建物は見納めとなっちゃう。形あるものはなくなっちゃうんだね。

うなぎ ときわやさん

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。