個人課税 税の還付はいつ?

29.12.4 に、国税庁e-tax から、平成28年分の確定申告書を提出。(給与所得者だったので)

29.12.15 に国税還付金振込。はやーい!住民税は30.1.12に還付金振込。

・e-tax webの方が還付が早い?

夫婦で、平成28年分の個人確定申告書の還付申告を行った!

e-tax webは11日間、税理士代理送信は28日間、還付までに時間がかかったよ

妻は、e-tax web にて給与所得と配当所得があり、期限後の還付申告。本人電子申告。29.12.4にe-tax webで電子申告(税理士カードで)をし、翌日に書類を税務署へ提出。12.15に還付金振込。11日間で完了!

夫は、税理士代理送信にて給与所得者のふるさと納税があったため、期限後の還付申告を電子申告。29.12.15に悪戦苦闘の末、初めての税理士代理申告をし、30.1.12に還付金振込完了。正月休みもあったものの、28日間かかっている。

理論上では、夫も12.15に申告しているので、12.28に還付金が振り込まれてもよさそうなものよね?正月明けの1.4とかでもありえたよねぇ。どうして時間がかかったのだろう?

妻は上述通り、添付書類を翌日に提出した。

夫の代理送信では、提出省略にチェックマークを入れたので、添付書類は提出せず。

上記の内容の違いなのか、代理送信だから時間がかかったのか、提出書類が来るのを待っていたのか、単純に年末年始が忙しかったのか。

理由は不明だけど、今回はe-tax webの勝利!

・・・もしかしたら、夫の申告書の方には33条の2第1項の書面添付をしたからかもしれない・・・。税務署の人が33条書面添付頑張ってね、というから添付してみたよ。

電子申告の後、提出書類がある場合には、早めに提出してくださーい。申告書を探すのが大変なのかもしれない。税務職員の残業代は、私らの税金なので、節税にご協力を。

・住民税の還付関連の流れ

29.12.5に、住民税申告書を提出、29.12.15に個人住民税の「課税額変更(取消)通知書」が届く!

医療費控除と、生命保険料控除が「是認」となっている。

通知書には、所得・課税標準額・市民税・県民税などの数字が書いてあり、年税額と普通徴収額の内訳も記載されていたよ。

通常の場合、普通徴収の第4期に減額を寄せるみたい。1期~3期までは、当初の金額通りに納めてくださいってことね。

今回の私は、全額を一括納付していたので、還付金をもらうことになる。

還付金の受領手続きは、同封の書類があり、市税事務所行きの返信用封筒も同封されている。ので、市税事務所以外の場所に返送して、という手紙は詐欺です。

住民税の還付金は、4週間かかるって書いてある。4週間!?

12.16に大至急還付の申込書を返送。(30.1.12に住民税の還付金が入金)

国税とはずいぶん違うね・・・・。そもそも、住民税は還付が珍しいのでしょうがない。

というわけで、確定申告書は、給与所得者の還付申告であっても、なるべく申告期限に提出して行政コストを減らしましょう♡

・国税 納税地変更は上書きされる模様

28年分の確定申告書の提出期限は29.3.15。その後、29.3.22に税理士事務所が出来た。納税地を事務所にしてみたんだよね。

その後、29.12.4に、給与所得者であった28年分の還付申告をしたところ、「還付金のお知らせ」は、事務所に届いたよ。

納税地を事務所に変更する前の確定申告なので、住所地にお知らせなどが届くと思ったけど、データは上書きされるのね。

管轄の税務署は、事務所も自宅も同じなので何でもないんだけども、この場合、どちらの税務署に提出となるんだろ。

なお、住民税申告書も提出したけど、自宅に届いた。納税地の変更は、住民税には影響しないんだねぇ。勉強になったわ。

・ダイレクト納付も出来るように

法人では、ダイレクト納付の受け入れ体制もOKになったよ!とe-taxからメールがあり。

ダイレクト納付は、提出してから実際の利用までに結構時間がかかる。銀行の都合もあるのかもね。

今回は、源泉納付も発生しないんだけども、あえて納税してみようかなぁ。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。