JDLのヘルプを見る方法

JDL様はサポートセンターへのお電話が有料なので、自力で頑張ろう。

とりあえず、30.1.22現在、平成29年分の確定申告書、贈与税申告書の提出用がプリントアウトできない。1月下旬まで待たないとならぬ。(30.1.25バージョンアップ予定)ミス防止のため、だって!

不便なので国税庁HPを使ったら超便利だった。急ぐ人はこちら。信頼と実績の国税庁確定申告・贈与税申告書作成コーナー。→ https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrl

・JDLの操作方法を調べる

ところで、JDL購入者がヘルプを見るには、まずJDL画面の「ネット」タブを選ぶ。(税務と管理の間の緑色のやつ)

右下の「7410 JDL Web検索」をクリックして、単語を入力してみたらいいみたい。

先日、2017.11.30に営業さんが来てくれたので、

私「あの~答えがいっぱい出すぎていてウンザリしちゃうので、なんとか電話で助けてもらえませんかね~?」

営業さん「ええ、サポートはお金がかかるので、こちらをご利用いただいたらどうでしょうかぁ~」

と、自力で頑張れ制度を教えてもらった。

この、「ネット」タブの左上、「7402 JDL Webセミナー」というものは無料らしいので、時間があるときにボサ~と見てみたらうまくいくのかしらん?

ポチリ。

会社情報の何とかかんとか。ポチリ

「こちらでは、JDLシステムの情報の一元管理を~」うわっ喋った!音量大きすぎた、あわわわ・・・。

・クライアント名が赤い色になっている

ところで、「ツール」タブの「93データベース管理」クリック→「02会社マスタファイル管理」 では、顧問先の一覧があるわけだけども、赤い文字になってるのがある。これ、何かの注意喚起なのかしらん?

私「あの~この赤い文字はなんでしょう?」

営業さん「あぁ、これはですね、データベースのマスター名と会社名などが一致していないとお知らせしてくれるんです。同じ顧問先ですか?と確認を要請しています。」

なるほど、こうやってこうやって・・・。内容確認をクリックして、チェックマークつける、と。できました、なーんだ、簡単ですね。では、後で自分で見ておきますね。

・・・さて、さっき教わったことをやろうっと。

・・・。・・・。わ、忘れてしまったぁ!が、さっき教わった、検索画面から調べればよいのね!

・・・・。指定する単語が悪くて、結果がでない。もぅー!

というわけで、やっとたどり着いた、「会社名が赤くなってるけど、これってなに?」の対処法。(JDL HPより。取引している人にしか見れないかもね) → http://www.support.jdl.co.jp/faq/file_download/download.pdf?id=234265&nosavedlg=1

・営業さんが来なくなるの巻

質問をしっかり溜めておいて、営業さんに聞いた。ほんと助かったよ。しかし、あれ以来、ぱったり来てくれない。

・・・。

・税務ソフトは結局は慣れ

JDLで電子申告に苦慮して、結局諦めたんだよ。もぅ・・・。JDLの営業さんに愚痴ったところ、電子申告システムとの連携の兼ね合いで、思い通りにいかないらしい。

当初から、JDLは入力にクセがあるから、万人向けではないよなぁ、とは思っていたよ。JDLのパソコンまであって、マウスなしで入力できるように作っているんだって。専用パソコンなのかな?

・JDLは口座同期システムがない

いわいる、クラウドデータのようなシステムもあるけど、会計王の方が使い勝手が良さそうね。

JDLでは、銀行口座にJDL経由でログインするというのはやっていなくて、事業主さんがネット口座にログインしてcsvをダウンロードしてもらわないと取り込めないシステムにしているんだって。

私にとっては、そっちのほうがいい。銀行同期システムは、税理士から勧めたくないなぁ、と思っているから…。これは、それぞれの考え方次第だから、正解がないよね。

・電子申告推進必勝法

それにしても、膨大なマニュアル。パソコン苦手の私のようなトリアタマでも、何とかなるんだろうか・・・。給与支払報告書の電子申告が難しかったので超心配。市町村ごとに登録するってそんなことある?従業員の住所に記載した〒から割り出してくれないの・・・

いざとなったら紙印刷して提出すれば大丈夫だよね・・・。( ノД`)シクシク…

と、いう訳で、行政側が電子申告を徹底したいのなら、税理士にヤイノヤイノ言うのではなく、ベンダーにヤイノヤイノ言った方が早いと思うわ。

(関連過去記事)税務ソフトはJDL → https://mina-office.com/2017/04/12/jdl/

(追記:翌日に営業さんが「電子申告で困ってます??」と大至急駆けつけてくれるという笑)

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。