また怒られた話。

30.10.24 また税理士会で怒られる。

毎回、わたしは怒られる!聞いてよ、頭にくるんだよ。

怒ってるみたいに聞こえるんだってさ。反発してるように聞こえるんだってさ。

自分の主張をして何が悪いんだ!

というやりとりを、偉い人と行い。当該偉い人は怒らない。トリマキ(か?)とかがわたしに怒る。

小野寺さんは、どうして怒るの!と怒られる。どうして怒られてるのか、あんまり分かってない。

うーんと、シナリオ提出しなかったことを指摘され、いや前回まではあった指示がなかったからこの段階ではさすがにシナリオチェックはないんだと思ったし、観客と同じように見て欲しかったし、いつもシナリオ読むばっかりで出演者の動きとかのアドバイスないから丁度良いと思ったから出しませんでした~。

と言ったところ、トリマキに怒られる。なんかさ、「いいから謝れ」みたいな。執行部におもねってる。

その後、偉い人に「質問するときに資料がないと話せないでしょ」と言われ、ああそうだったんだと理解しました。

で、これはこういう議論があったから分かったことであった。

それに、「手元に台本がないから分かりませんが、1500万円は妻のもの、という風にしか思えない。」との指摘あり。

それそれ!そーゆーの欲しかったやつ!手元に資料があったら出なかった意見ですよぅ!(はっ!空気読んでの指摘だったのかもしれぬ)

怒られたけど、収穫は2つありました!

(私は前回まで毎回、事前に見てもらえる可能性を残すためにシンポ全員メールでシナリオ共有していたけど、他のチームは事務局に直に提出している。こういう村ルールって新人に怒る以前に共有しておくべきではないか?)

しかし、私の当初期待していたことはなく、手元にシナリオがあってもなくても、ほとんどの人は他チームの劇など見ていないのであった。

 

後半では、パクリ疑惑事件勃発。

言い方が悪いんだ!とかってさー。それって逆に言えば理屈は正しいの?

私は今日の後半のバトルを聞いていてそう思った。どちらも正しいなって。

リーダーだから、チームを守ろうとしてるんだよ。仲裁なんかしないで、リーダーとそれぞれの担当者で話し合えば済む話だというのに、トリマキが決めようとしていて!しゃしゃってくるんじゃねぇ!

 

まったく、事情を知らない人が勝手に事実を決め付けてくるなんてさ。税理士のくせに、だ。

こっちには証拠があるんだよ!(あ、これは私が巻き込まれた闇事件のことです)

税理士会でうまくやっていきたければ、口の利き方に気をつけろ、と執行部でもないトリマキに言われたのでチョー頭に来て、「いやだ、もう税理士会の活動なんかするか!」と言い捨てたよ、ざまーみろ!

あっちこっちでガタガタ言われることが増えて、組織運営する人は、わたしに話しかけないで、大人しく言うこと聞く人にやらせれ!

とりあえず、今回のシンポジウムは自分でやると言ったので自分が悪いんだ。

もう、シナリオとかポリシーとか演出とかメッセージ性とかじわじわ破壊され、やらされ感しかない。

絶対成功させるつもりでやれ、と同じ研究員だったくせにトリマキが、上から言い出しやがって頭に来ました!

トリマキ、研究員からの代表なんだから、執行部から研究員を守るのが仕事なんだろうよ!執行部に尾っぽ振って偉そうに命令しやがって。

あなたの組織じゃねーんだよ!勘違いするな!手柄たてることに腐心してるように見えるのは、意地悪な見方かもしれないな。しかし、成功欲が行き過ぎるのはどうなんでしょうか。会社組織ではなく強制加入の税理士会なのですから。

ところで、

何十時間もかけて考えて捻り出したものは瞬時に否定され、これってなんにもやらない人が正解なんじゃないか、と気分が腐って参りました。

税理士って意地悪で見栄っ張りで権力主義者が多くない?

私思うんだけど、偉い人って、そんなに自分の意見に固執しないよ?下っぱがゴマすって、私みたいのを言うこと聞かせようと強制するのが世界を悪くしてるんだと思うよ?

ああ~!悪口言って、すっきり♥

時間に追われてテキトーにしていた自分だけのブログの世界に戻りたいです~。

ああ、ひとりぼっちで自分に向き合う時間って、イイ!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。