グ妹からの挑戦状~青色控除65万円への道~

31.2.22 グ妹は税金の素人ゆえ、変なことを聞いてくる。グ妹からの挑戦状。青色申告特別控除65万円控除への道。諦めろって。

会話はフィクションです。

グ妹「青色申告をする。節税になると聞いたから、帳簿を頑張って65万円控除の認定をもらう」

わたし「がんばれ!」

グ妹「やって」

わたし「お金払わないなら自分でがんばれ」

グ妹「お金払わない!自分でがんばる」

・・・・・

グ妹「お金払わない。自分でできない。やって」

わたし「甘えるな」

グ妹「青色控除65万円の認定を欲しい」

わたし「そんなものはない」

グ妹「え!65万円届出書を出せば、ずっと青色控除65万円だと思っていた」

わたし「青色控除65万円は、ライセンス制ではない。頑張り度とその成果で決まる

グ妹「どうやるの?」

わたし「青色控除65万円は会計ソフトに入力して立派な決算書を仕上げる。貸借対照表も付けて、3月15日の締め切りを守るのがルール。グ妹は青色申告のライセンス(青色申告承認済)があるから、頑張れば大丈夫」

グ妹「会計ソフトの帳簿を付けた後、次の年など継続しなかったらどうなるの?怒られる?罰金ある?」

わたし「青色控除は、年によって10万円にしたり65万円にしたり選べる。そもそも、締め切りに遅れたり、貸借対照表を渡し忘れたら65万円控除は出来ないし」

グ妹「会計ソフト入力すれば、青色申告特別控除65万円とれるならがんばる」

わたし「がんばれ!」

グ妹「会計ソフトは税務署に取りに行くの?」

おお!そこから!

わたし「会計ソフトは、一般的には買うよ。弥生会計のみんなの青色申告とかでもいい。年間1万円位だったり」

グ妹「え!お金かかるの!ヤダ。無料版でしのぐ」

わたし「いや、それは初回だけだから凌ぎぎれない。JDLの無料版がありそうだから、確認してみるよ」

グ妹「会計ソフトめんどうくさいな」

わたし「会計ソフトが嫌なら、65万円控除を諦めて10万円控除にしなよ。青色控除10万円なら、エクセルシートに経費を項目ごとに記録すればいいよ。それなら出来るでしょ」

グ妹「税金が安くなるんだから、65万円控除頑張る!」

・・・複式簿記による記帳と貸借対照表、など65万円の青色申告特別控除はハードルが高い。複雑な取引がある場合には、早めに諦めさせるのが肝心だったり!

インターネットは酷だよ、「誰でもカンタン、複式簿記で65万円控除」ってそんなわけないんだよ!簡単な人もいるけど、多くの場合は時間も手間もかかるんだよ!

***

グ妹「誰でもカンタンて書いてあるんだよ!姉はもったいぶってるだけ。インターネットは得意だし、私だって出来るんだよ!」

妹からの挑戦状。記帳指導は苦手ですが、頑張って挑戦してみますわ。てかさ、秋くらいから取り掛からないとほんと難しいんよ。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。