事業承継の観点@人間里山主義

2019.7.10 「人間里山主義」を読む。自伝のように読める、組織論、まちづくり、民主化、価値観共有、地域経済、哲学などなどが書いてある。おもしろいよ!

事業承継についても、話があり。

67歳で自分が創業したNPOを30代へと事業を譲った富永さん。

長池公園での読書会(仮称)では、事業承継の秘訣をお話ししてくれました!

なんかリアル・・・・。だし、創業者ならではの思いだったり、裏話的なことも聞けました。

聞けば「そっか、その視点か」ということなのだけれども、気が付かないよね。

そして、割り切れた富永さんてすごいし、承継した30代の人もスゴイ。

創業者と2代目では、役割が違うということも非常に勉強になりました。様々な違いがあった方が、うまくいくんだな、と。

色々書くのもアレなんでこのくらい。

私の経験を語らせていただきますと、築地では事業承継に苦労していた。

・・・・私はむかし、築地魚市場で仕入れ担当者として市場の現場で働いていたの。なぜ、私のような、かよわき若き女性(当時。いま、今も!)がゴリゴリの男性社会の築地魚市場で働けたのかというと。

事業承継のためだったんですよね~。

ベテラン職人のオジサンは、若手男性には仕事を教えなかったわけ。これでは職人技が承継されず、会社がヤバくなるんじゃないか、と思った三代目社長(当時40代)のアイデアで、女性を雇用してみようということになったらしい。

結果として、私は今、築地で働いていないので、結果として失敗だよね。

女性雇用で事業承継というアイデアは、当時はまだ時代に合わなかったってことなのだけれども。(今は普通にありえるので、社長の目の付け所スゲーなって感じ)

事業承継がヤンヤと言われているわけですが、そっくりそのままの事業承継ではなうても、部分的に譲るという手段など、貰う側に配慮してあげないと、後継者が事業を持続できないよね?

そして、貰う側に配慮って、創業者など譲る側からすると、我慢できないんじゃないかしら?

私にはその譲る側の辛さが分からないんだけれども。貰う側の人生が長いってこと、考えてくれると事業承継ってうまくいくのかもしれないね。

そうすると、親族内承継がベストで、他人承継って難しいんじゃないかしら。他人承継にするなら、すっぱり単なる事業売買に落とし込む方が早いんじゃない?

そして、経営者を雇えばいいじゃない!

ほら、ベンチャーとかでネット広告で人材募集しているじゃないですか。

「取締役募集」

そんな時代になったんだねぇ。まぁ、誰が取締役でも同じって仕事もあるんでしょうけどね・・・・。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。