AI・ビックデータ・IOTの研修会

29.8.7 東京地方税理士会と政治連盟と共催の、AI・ビックデータ・IOTの研修会に行ってきた。@桜木町

相模原市出身の議員さんで、総務副大臣の最終日に研修の講師に来てくれたよ。あかま二郎さん。後半は、総務省の電波政策課長さんが講師。

・用語の意義

AI・・・人工知能。

ビックデータ・・・膨大な量のデータを整理してしまう

IOT・・・センサーをつけて制御する

難しくて分かりません。

・例示で分かるAI

AIは、話しかけると答えてくれるようになるやつだって。AIロボットに議員が話しかけたら、「激しく同意」って言われたと。「そんな日本語使います?やはりAIはまだまだ完全ではないのですね」と話していたけれども、(多分それはネットスラングなのでは)と思っていた。

単純な税務の質問などはAIで処理できるようになりそうね。私は歓迎いたしますよ。

・ビックデータ

多くの情報により、効率的な経済活動ができる。例示はちょっと忘れちゃった。

ビックデータは、外国資本に取られちゃっているよね。後発だけど、日本も翻訳アプを作ったので宣伝してねっとのことなので、宣伝しとくわ。

タダだから翻訳に是非使って!インバウンドで日本、儲けて行こうぜ~のスマートフォンアプリ「Voice Tra」→http://voicetra.nict.go.jp/

知らんかったね。初めて知ったね。ぜひ使ってね。みんなの税金で作ったから、有効活用していこう。

・例示で超分かるIOT

インターネット・コミュニティ・テクノロジーの略らしい。

モノがネットと繋がっていることをいうみたい。冷蔵庫にセンサーをつけて、お気に入りの牛乳がなくなったらメールで教えてくれる時代へ。農業の効率化、日照時間や場所を特定できるようになる。

今日のような暑い日には、外で働く方の制服にセンサーを付けて、頑張りすぎて温度が上がりすぎたらお知らせして休ませるようにできる。

コンタクトレンズにセンサーをつけたら、ドライアイ(だったかな?)防止になる。

トイレにセンサーをつけて、健全な人の数値をビックデータで収集すれば、トイレが「あなた、尿酸値高いよ。医者行きな」と教えてくれるようになるかも。

これが、IOT。分かりやすいねぇ。

・あかま議員の講義

あかま議員はゆっくり話す。私みたいに、単語が分からなくても分かっていくようになるには、間が必要なんだねぇ。ゆっくり話すと、内容がつまらないと寝ちゃけどね。

「~~って。~~~って。」と軽く語尾を上げるところが面白い。あと、副大臣だから、ゆっくり話しても相手が聞いてくれるという環境もあるんでしょうな。

たまに会場の人に質問したりして、緊張感を持たせていた。対話方式も取り入れてた、演説みたいになるとつまらないからね。

ところどころ、問題提起もいれるので、うーん、言ってることは分かるけど変だな、など考えながら聞けるのがよかったね。

研修の前は議員はツマンナそうで、付き合いで仕方なく来てるんだなぁ~、生徒の入りも会場の6割くらいだし、気合入らないんだろうな、と思っていたけど、予定より15分延長サービスで話してくれたよ。司会者がプレッシャーかけているのに延長してくれた。おかげで、質問時間がなくなったので、質問はFAXにて受け付けることになったよ。

話の内容は面白く、原稿を読んでる風でもないのによく75分もまとまりがある話をできるな~と感心。手元資料はないというところもよかったのかもね。会場の雰囲気で話すこと変えてるのか、なんだろうね。

と、忙しいのに講師に来てくれて面白い話をしてくれた議員さんに感謝するけど、同意できない部分もあり。

・電波政策課長の講義

総務省の課長さん、ということは、官僚さんなのかな?15年近く、IT関連の仕事に特化してくれている。手元に資料があらかじめ配られていて。資料すごいよ。能力の差が眩しくてツライ。なお、美しいオールカラー。

税制改正とかでも官僚の作る資料を財務省HPから見たことあるけど、今回の気合がすごいね。分からない人向けの資料だから、一目でわかりやすく、挿絵が多い。字も大きい(来場者の年齢が分かっている笑)。データグラフは少な目(大衆向けだから)。将来の想像ができるようになっている。

現政権のアピールが2ページほどあってつまんない。しかも現内閣のカラー画像に1ページ使っていてそのページの印刷代が勿体ないとしか言いようがない。

資料がすごすぎて、課長が何を話したのか覚えてないという。官僚は表に出ず、黒子に徹する忍びの役なのかね?15年もやってきたんだから、俺スゴくない?とか言いたくなりそうなもんなのにねぇ。ま、資料は部下に作らせたのかもしれないけど、すごい資料だった。普通の資料とは質も量もコストも全然違うから、迫力があった。

こういう類のものは、あちこちで再放送だから、どこかでまた見れると思う!

・ためになった!

行ってよかったよ!政治家の講義なんて主張ばっかりでつまんないかもな~と思ってたけど、そんなことはなかった。AIとかには全然興味がなかった私でも寝ないで聞けたよ。

こういう風に説明するんだなぁ~人によって立場によって、伝え方がこんなに違うんだなぁ、なんて思いながら貴重な2時間でありました。寝なかった!

意見は次回。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。

「AI・ビックデータ・IOTの研修会」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。