軽自動車税 再考

軽自動車税は、高性能になってきて、もはや低所得者層のための税金ではなくなった!と新車の試乗を企む夫が言う。いや、現状のままでいいでしょ。

「新型ホンダのN-BOXは、新車で200万円もするんだよ。こんなの買えるの、お金がある人だよ。軽自動車の税金が普通車と比べて低いのは、もう時代遅れだ」

「軽自動車税が安い理由って、地方などで車がチャリンコみたいな人達優遇のためじゃなかった?お金持ちかどうかって関係あるの?」

「日本はネ、道路事情がすごくいいから、軽自動車が成立するんだよ。外国は道路がガサガサだから、軽自動車みたいなペラペラな車だと、すぐ動けなくなっちゃうの。軽自動車があるのは日本くらいなもので、国際的じゃないんだよ。道路整備にも税金がいっぱい導入されていて、だから軽自動車が成立するの。」(妻の話は聞いてない)

「さすがぁ~よく知ってるね!」

「昔は軽自動車は大した装備もなかったけど、今は安全装置とか充実して、もう普通自動車と変わらないよ。(と、wbsのニュースで見たままを言う)もう、軽自動車を税制優遇する意義には乏しいんじゃないの」

「逆進性だっけ?その、ギャクシンセイがあるよ!」(覚えた言葉を使いたいらしい)

「お金持ちが得してるから軽自動車税の軽減をやめよう、という議論にはならないでしょう。普通自動車税と同額の税負担になっちゃったら、車を維持できない人もいるんで、死活問題になっちゃうんじゃないの。
それに(グーグル先生に聞く)軽自動車税は川崎市の税収だけど、普通自動車税は神奈川県の税収って書いてあるよ。川崎市の市税キャラクターぶたっくすが、軽自動車税の納税を周知している。今のままでいいよ。軽自動車税は、平成26年に上がったばっかりだし。」

こういう考えの税理士は他にもいる。→ https://www.zeiri4.com/c_1076/n_37/

「年金受給者や子育て世代で軽自動車税の優遇がないと車を維持できなくて買い物にも病院にも行けないって人もいるじゃん。私らは登戸駅まで歩けるけど、そんな人ばかりではない」

「でも、昔の軽自動車とは、断然装備が違うんだよ。材料費の高騰なども影響しているけど、本当にこのままでよいの?軽自動車と普通自動車の乗り心地の差を比較して、議論すべきだ。ホンダに試乗に行ってこようか?ね?市場調査のために!!」

「市場調査は不要である。我が家の車の乗り換えについては検討に値しない。よって、その訴えには理由がないため、却下する」

ちょっと前まで軽自動車ユーザーの時にはしっかり恩恵を受けていたので、軽自動車税は引き続き少な目でお願いいたします!軽自動車税アップで困る人、相当いると思うんだよ。

いっそのこと、固定資産税みたいに所得に応じて減免措置を入れるのであれば、軽自動車の値上げもアリかな。マイナンバーがあれば出来そうじゃない?

名義貸しとかが横行しそうだから難しいかもしれないね~。

軽自動車税の是非について、どう思う??

(過去関連記事)ぶたっくす税の一本化 → https://mina-office.com/2017/05/26/butax/

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。