東京駅から新幹線に乗るの巻

29.9.23 彦根の勉強会へ参加のため、奮発して東京駅から新幹線に乗る!


東京駅は超都会。人が多い。酔うっ!駅のなかなのに、街みたいでお店が多いね。

 

名物が多く売られていたり、見慣れないお土産もたくさん売っていた!

新幹線で食べる弁当もたーくさん売っているし、コンビニNEWDAYSもある。買い物には困らないね。

トイレは行列なので、早めに東京駅到着がよい!

新幹線の乗り場は、比較的すぐ分かったよ。東北方面行きの隣に、大阪方面行きがあった。ホッ。

とうとう、新幹線乗り場へ!切符が二枚あるので重ねていれる!

 

エスカレーターを上ると、そこは新幹線の世界!ああ、私は旅に来たんだ。

ところで、新幹線のホームの売り場には弁当も売っていて、10時くらいだと売り切れもあんまりないので、こっちで買えばよかった気がした…

新幹線に乗るときにしか、来れないんだからさ…ま、どんまい。

新幹線はとにかく慌ただしく、到着客が降りたら大至急掃除をして、大至急客を乗せて、さっさと出発しちゃう。

席について、あれこれとやるころには、すでに新幹線が動いている!なんの感慨もなく!「まだかな、まだかな、あっ動いた!」みたいな期待も含めて切符購入したんだけども!

ホームをうろちょろする間、新幹線の写真を撮る。

私は今回は行きは指定席を購入。席は1番としてみた。前の席がないってどんな感じかというと。

足元広い!机が大きい!めっちゃいい!けど、電源ケーブルが短いと、ちょっと不便かもね。

ただ、足をかけるところはないよ。

新横浜から豊橋まではノンストップ。またもや弁当を食べながら、田園風景を見てる。

収穫が終わった田んぼと、まだの田んぼとが混在していて、きれいだなぁと眺め。はっ!写真とっとこ!と慌てて撮る。

しばらくいくと、かつて田んぼだったであろう場所には太陽光発電が並んでいた。

タプタプの川の上に鉄橋が居候して、鉄橋と川のわずかな隙間を小さいボートがくぐっていたよ。

後ろの席では、チビッコがにゃ~にゃ~と言い、新幹線に乗っている人は変わらないのに、車窓から覗き見するそれぞれの地域で暮らす人の生活はそれぞれ違う。

旅は、おもしろい

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。