心配で眠れないとき

私は何かに心配な時はどうしたらよいのだろう。

「心配事がぐるぐる回ってしまうとき」は、私は疲れている。

心配事はこっそり確認できるのであれば、確認すると安心するよね。

何かの税務の勉強をして、「そういえばアノ案件に似ている。もしかして計算間違えたんじゃ!でももう申告しちゃったし!」みたいな心配は、夜中でも事務所へ戻って申告内容を確認して(そうだ・・・。特例使ったから大丈夫だ)と思って帰宅するということをする。

確認できない心配ことはどうすればよいのか?「気にしなければいい」で片付いたら心配しないんだよ!

眠れないほどの心配はどうすればよいのか?

心配をしていたり、考えてしまうと、眠れないんだって。

人間は、寝ている時に記憶が定着するので、寝る直前にネガティブなことを考えるとネガティブ記憶してしまうので眠らないようになっているらしい。

ここで、「浴びるほど酒飲んで寝る」という人は多いかもしれないけれども、私はお酒を飲まないので・・・。(あんまり体によさそうじゃないし)

どうすればよいのだ!

今ところ、成功したり失敗したりしているけど、深呼吸してヨガ体操をしていた時には割とよかった。

部屋が明るいと眠れないので、遮光カーテンやアイマスクを利用した。

気温管理は大事、寝る瞬間に少し体温が下がるのがよいらしい。風呂上りがいいとか、ヨガがいいとか、ホットミルクがいいとか言うのは、寝る瞬間に体温が少し下げるからなんだって~。

クーラーの利用やタイマー付き電気アンカの利用で環境の整備は大事。

カチコチなる時計は神経を逆なでするので、無音の時計をニトリに買いに行く!2000円!

パソコンやスマホは見ない。けど見ちゃう。人間だもの、しょうがない。

明日の起きる時間が気になるということがあるよね。私は自営業なのであんまりないけど、予定が入ると気になってしまう・・・。布団で横になるだけで体は休まるので、「寝なきゃ死ぬ」と思い込まずに目をつぶれば少し回復すると信じ込む!(そんなこと簡単に出来れば世話ないよね。難易度が高い)

布団に入っても、心配ごとがグルグル回るので、心臓の音を数える。気が付くとまた心配事について考えているので、1から心臓の音を数える。

カチコチ派の人は、時計のカチコチ音を数える、カチコチ音と心臓の音が重なる時間を計測する、など。

信仰がある人(私はあんまりない)は、お経やコーラン的なものを心の中で唱えるといいらしい。宗教の大きなメリットの一つ。お経を唱えると精神安定するのは、他のことを考えられないからってこともあるらしい。知らんけど。

税理士受験時代は、受験する前からとにかく心配で心配だった。予備校の音声をイヤホンで聞きながら寝たこともあるよ。合併とかのあたりはつまんなくてよく眠れる!

心配事がぐるぐる回るときは、疲れているんだよ。人間にはリズムがあって、いいときと悪い時がある。今は月の巡りが悪い時かもって思いたいよね。

心配事がぐるぐる回るのは、あなただけじゃないよ。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。