役所メシ@気象庁

30.8.3 大手町に来たついでに役所メシ!気象庁の食堂でランチ~♪

気象庁は、かつての東京国税局の奥にありました!古ぼけた昭和の建物ね。

入り口にはきちんとガードマンがいて、「何しにきたーん?当てようか?役所メシでしょ」

私「正解!勝手に心を読むなんて」

という平和なやり取りを行い、住所など記載する。(話は多少盛っています)

気象庁のメシはすぐそこ!日替わりやカレーなどもあり安い!500えんくらいからかなー。

私は、ヘルシー定食600円を選択。ナイスチョイス★

食券を購入し、昔ながらの社食カウンターにトレイと食券を措くと、ベテラン感のあるオバサ…おねえさんが用意してくれるよ。

小鉢は好きなものを1つ選択。たくさんあって迷ったけど、春雨サラダにしたわ。グットチョイス★

ヘルシー弁当は、麦ご飯、鮭フレークサラダ、サバ・オンTHE海老、オレンジ、ぽっちりチーズケーキ。です!

600円だと、まあまあだよね。

気象庁の役所メシには、男性しかいなかった。女性が少ないのか弁当組が多いのか?

昭和の食堂で腹いっぱいになったところで、気がつくと近くに何やら夏休みの宿題的なお部屋がある…

いってみよ!

お…気象庁のゆるキャラ…

かわゆい。

気象庁のルームは割りとしょぼかった。「やってみよう」コーナーが壊れてたり、触るなとか触れとか、優柔不断が過ぎるよ。

新潟の博物館とは比べ物にならぬぅ。

けど、夏休みの宿題にはちょうどいいよ。役所メシも食えるし♥

さて、小学校の裏手にあったこれ!懐かしいですねぇ。名前覚えてる?

ジャジャーン!百葉箱!

私が子供のころ。小学校の、裏手にある白い竪穴式住居的な白い建物には、神様のおうちだよ、と友達が言ってたけど、温度計だった。

神様のおうちだから、ペコリと頭を下げたりしていたよ。中の温度計は神様と間違われて恐縮したでしょうねぇ。

しかし、こんな立派な箱である必要性って…

気象庁ルームの奥には、津波や地震の動きを知る設備がありまして。

地震のp波とs波(だったかな)は、同じ地震でも揺れ方が違う。

実験してみたよ。大きなパチンコ玉は、地震の揺れですごくすごーく嫌な感じで揺れた。

ちょっとの体験を手軽にできる、気楽な施設がある気象庁。

役所メシ。食べに来たらどうかしらん。

建物の外には、気象庁と書かれた古いマンホール!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。