盲目の人

30.8.26 地方ローカル線を旅行していた。停車駅で電車のドアがプシューと開いた。

駅員「段差があります、右側に手すりがありますよ。」

駅員さんと手をつないで、白髪のおばあさんが電車に乗った。

ドアそばの2人掛けシートに座っていた夫婦も気が付いて、夫の方が席を譲る。

夫「こちら、おかけください」

婆「あらあら、ありがとうございます、お兄さん。」

手さぐりでシートに座るおばあさん。

駅員「すみません、ご協力ありがとうございます!」

おばあさんが座るのを確認し、駅員と車掌がうなずき合い、電車はプルルと音を鳴らしてドアを閉め、ゆっくり発車した。

車内はローカル電車の割には乗客が多くて、座れていない乗客もいた。日曜日だから、観光客が多い。

婆「お兄さん、すみませんねぇ、いいのぉ?」

ばあちゃん、めっちゃ喋る。

妻「大丈夫ですよ、私は彼の妻です」

婆「あらぁ、悪いわねぇ、お兄さん、他の場所で座れてるの?」

妻「ええ・・・。座ってます」

あっ。優しいウソをついた妻さん。

多分、聞くとなしに聞いていた乗客もばあちゃんも、妻さんがとっさにウソをついたことは分かったと思う。

婆「・・・そう、よかったわぁ!あのネ、私、飴玉持ってるの。ほら、この中。味が2種類あるんだって、あなたたちにあげるわ、2種類とってくれる?」

妻「いえ、大丈夫ですよ~(いらない)」

婆「遠慮しないで!私じゃ分からないから、2種類とってくれる?ほらっほらっ(ゴリ押し)」

妻「あ、ありがとうございます、では・・・ガサゴソ」

その後もばあちゃんはずっと喋りっぱなし。田園風景と明るくよく喋るばあちゃんは、相性が良い。

情報量が少ないから、喋って相手の反応を感じておかないとね。親切にされたら、お返ししたいよね。「座っていますよ」のウソも「(いらないけど)ありがとう」のウソも思いやりなのかもね。

お互い分かってて、気が付かないふりをする。乗客はそれを見えないふりをする。

ローカル線は1駅が長い。次の駅かに停車したとき、ホームに迎えの駅員さんが待っていた。

駅員「お客様、」

婆「ああ、ありがとう。お兄さん、座席、譲ってくれてありがとうねぇ」

駅員「(手を取って)段差、ありますから、ゆっくり」

ばあちゃんはTHE昭和なホームへと下車し、ローカル線がゆっくりと発車した。

私は、駅員と手をつないでゆっくり歩くばあちゃんを車窓から見ていた。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。