もてなしぬくぬく岳温泉ツアー

30.12.14 福島県の岳温泉へ行ってきた!小田急トラベルのバスツアー!

磐梯山、猪苗代湖、野口英世、岳温泉、白虎隊、会津ソウル、鶴ヶ城、大内宿、会津鉄道湯野上温泉駅。

新百合ヶ丘出発のバスツアー、夫が連れていってくれました。

湯遊び紀行 岳温泉の一泊二日のツアー。最安値、22400円。

12月は混み混みの高速道路。神奈中バスのベテランバスガイドのトークで渋滞もなんのその。ほんと、こちらの塗装ガイドさん、大好きで他のお客さんからも人気が高い。

さて、初日のバスは「お菓子の城 那須ハートランド」でランチ。

那須ハートランド

事前にランチ申込みもできたけど、現地で自己調達の道を選んだわ。好きなものを食べたいし。

那須ハートランドには、通常のレストランの他に対面に蕎麦屋があったわ!なぜか馬のレプリカ…

画像右手に何故か馬。

バスツアーなどで昼食の際には自由昼食もいい気がする。ま、混んでて座れなかったら食べれないけど。

裏手には日帰り温泉施設もあり。

足湯は冬季は閉鎖かな、お湯がなかった…

レストランでは、すいとん510円とケーキ230円を食べました♥

那須のすいとんは、病気のお姫様が「こーゆーの食べたい」という要望から生まれた郷土料理です
いちごのロールケーキ。裏の畑のイチゴと作りたてのスポンジ。コスパ最高

めっちゃお得だわ。鬼嫁なので、「コーヒー410円?後で自販機コーヒーをバスで飲めば?」と、無料の緑茶と無料のレモン水で乗り切りました。

すいとんはオヤツ程度の量だけど野菜が入ってておいしい。

ケーキは早い者勝ちかな?食べない人は負け組よ。レストラン裏にはイチゴのもぎとり体験ができるハウス栽培があり。そのイチゴだと思うわ、この新鮮さ。

那須ハートランドのおじさん。イチゴ顔

次にバスは、磐梯山の車窓と雪が舞う猪苗代湖近辺へ!

磐梯山、スキーも出来ます。
真ん中にぽっちり見えるのが猪苗代湖。わかりづらーっ。

河京ラーメン館 猪苗代店へ。

ラーメン館 猪苗代店

ラーメンの試食をして、希望者は野口英世記念館550円へ。わたしたち夫婦は、ふらーっと周りを散歩したわ。けど、猪苗代湖には全然近づけなかったわ。あったのは、水についてのショールーム(これって地方税が使われているんですか、しょーもないんじゃないですか的な)と、雪で震えてるたぬき。

たぬき寒そうだ
凍えるたぬきの呪怨が聞こえる。ホラーちっく…

ラーメン館の4階は猪苗代湖が見える展望室らしいけど、冬季はたぬきが凍えるほどですから、閉鎖です!展望画像の代わりにラーメン館の様子をお楽しみください。

ラーメンの具におのでら。食えぬ。

あだたら高原の岳温泉の宿へは、17時前にチェックイン。

落ち着いた雰囲気。ぶどうルイボステイ発見!宿泊者は無料利用。ビールは500円。

ウェルカムドリンクの振るまいがあり、今回は甘酒でした~♪ありがと~♪ゆったりできる宿泊者専用ラウンジには、コーヒーやジュースが無料完備されていた。

美魔女女将の温泉講座を聞き、デザイン浴衣を物色し、温泉入浴!夜はバイキングを選び、3日分食べたわ。く、苦しい~。夜は星空観賞会へ参加、流れ星の欠片を見てきたわ。朝のバイキングも美味しかった。特に米が旨かったわ。ありがとー、陽日(ゆい)の郷。

創業80年以上らしいです。いいかんじ。陽日の郷あずま館。

二日目、幸泉小法師にて、電子紙芝居と剣の舞を観賞。

会津の心意気を知りました!泣いてる人も結構いたよ!会津、かわいそー。

売店のおねーちゃんが実演!切腹バタリ。この後、一緒に写真撮ってもらったわ~♪この格好でレジ打ちされたら、買わずにいられない

「これ以降、日本人同士の戦争は起こっていません」は、よかったよね~!しかし、会津の人たちが子供も女性も自決してしまったら、血筋が途絶えてしまうよね?青森の陸奥へ移動したみたいですが、戻ってきたのかい?

しかし、会津の人たちの精神力すごーい。郷土愛、使命感の強さに感動~!現地で現地の人から聞くのって、大事だよね。難しい歴史の話の前に、まずはここで紡いできた命のリレーに、敬意をあらわします。

次に会津鶴ヶ城へ。

会津鶴ヶ城、若松城。

ボランティアガイドさんがついてくれました~。ありがとっ。城の土台の石の話など、勉強になったわ。江戸時代の石は地震で70%が崩れたりヒビったりしたけど、戦国時代のそれは10%程度に留まったらしい。

弟だから、金ではなく銀のシャチホコにしとく?ハハッという雑談で銀シャチホコ。

石の組み方などが違うんだって。新しいことをするとき、伝統的なことを軽視しがちだけど、なぜ伝統的であるかということを考えるべきだよね。ま、そればかりやってたらなーんにも進化しなくなるんだけど。

鶴ヶ城会館でしょーもないランチを食べる。あいづ祝言鍋膳だって。

1食無駄にしたよ。次の大内宿で、自腹でネギ蕎麦食べたかった。時間的にも効率が悪くて、この鍋膳は完全にハズレ!小田急トラベルは、この部分のみ反省してもらいたい。

大内宿へ向かう。会津鉄道の電車、通らないかしら

最後に、大内宿を見学。

リアル除雪車にテンションが上がるわたし。パーキングのおじさんが訝しがる。

雪道のため、そろーりと歩くよ。大内宿は大通りを歩くだけとなってしまった。ねぎそばを食べれたら、よかったのに。

大内宿。かつての水路は今も健在!
大内宿の見晴台より。雪道は見晴台までの道がツルツル。

大内宿では、古くからの郵便所があるよ。官製はがきを購入し、記念のスタンプを捺し、夫あてに「旅行ありがとう」の葉書を投函。さぁ、いつ手元に届くかしら♪ルン

旅先から、ありがとうハガキを出そう。消印が残るしっ
野岩鉄道からの会津鉄道。ロマン溢れる~♪
ど昭和のいなか駅舎。可愛くて泣きそう。会津鉄道、湯野上温泉駅

塔のへつりは、よく見えず。

帰路、運転手さんのとっさの判断で渋滞も最小限でスルー!

今回のバスツアーは当たりだったわ!福島の人たちはすっごく暖かいもてなしだし、一緒のお客さんたちともたくさん触れ合えた。

旅行には、現地でいかに「よくきたねー!」のお気持ちをもらえるか、だわ。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。