登戸 柏屋レポ

30.12.24 登戸の柏屋で夫婦でランチしてきたわ~。クリスマス&忘年会。

登戸駅北口は、再開発が行われ、区画整理事業で見なれた建物がジャンジャン壊されなくなっていく。

2018.12.23 撮影。かわいいおうちでのプチ飲食店も移転。

 

 

寂しい~!2019年の夏には、多摩川沿いに移転してしまう予定の、日本料理店柏屋さんへ、昭和テイストが残る建物が取り壊されてしまう前に行っておこう!

ド昭和だったお米屋さんがなくなり、お寺が丸見え状態。

黄色い看板が柏屋。手前の更地には複数の建物があり、たくさんの人々のドラマがありました。

 

 

反対側の登戸駅方面から見ても、柏屋近辺が徐々に移転されたのが分かるよね。道路になるんだってさ。

柏屋手前の畳屋さん前から。2018.12.24
2018.2.14は、この場所にクリーニング屋さんがあり。近くに移転済

昔は旅館だった柏屋、看板や建物もそれっぽいでしょ。天保元年、1830年創業らしいです。・・・びっくり!

2018.12.24撮影

 

 

 

鯉も引っ越しだね。( ノД`)シクシク…

旅館なので、玄関を入るとフロントがあり、ロビーがあります。そこにも鯉がいるよ~。屋内と屋外が繋がっている鯉のお部屋。なかなか!

鯉のお部屋。外と繋がっていて、日光浴も自由自在。
ロビーもなんか昭和

柏屋さんは、限定15食の季節限定御膳1800円(+税)があり、奇跡的にゲット~!うひょ~♪

今秋、友達に食べてもらいたかったがゲットできなかったやつ。代わりに食べとくね。まぁ、遠くから来てもらい、見てもらえただけで充分嬉しかったんだけどね。

なお、前日までに要予約です。

柏屋 → http://www.nihonryouri-kashiwaya.jp/index.html

季節限定御膳は、プチタンスのような入れ物にこっそりごちそうが入っているというシステム。

柏屋 季節御膳

これは・・・きっとエライ人が部下に内緒で夜食を食べるために、お店の人が知恵を絞ったんだろう。これなら、口うるさい部下や夫の健康を気遣う恐妻の目をくぐりぬけ、「あら、お部屋でお仕事ね」と思わせることができるであろう、と!うん、きっとそうに違いない。(妄想)

季節御膳はこのように運ばれ。

柏屋 季節御膳。引き出しを開けると・・・

 

 

引き出しにはごちそうが詰まっている、なにこの幸せな感じ。

ぎっちぎちに入っていて、色んな種類が楽しめるのいいよね~。1800円はわたしたち夫婦にとってはごちそうだけど、食事や雰囲気など内容を考えると割安だと思うわ。

タンスは早めに下げられてしまうので、写真は早め。

汁ものは、牡蠣の揚げ物が入っていた。牡蠣の味噌汁って!貴族か。

食後には、念願の「スイーツセット」600円を注文。

友達が来た時に、これを食べて欲しかったんだよ~!同じ金額なのに抹茶しか出てこないっ

柏屋の饅頭が絵的にいいので、食べてもらいたかった。ホント残念だった。

が、結局スイーツセットを注文しても、柏屋饅頭は出てこなかったのでした。

へけっ。

柏屋 スイーツセット。真ん中のは季節御膳についてたもの。

結論:柏屋は食事だけで充分満足できる。季節御膳がゲットできなくても悲しまないでください。四季プレートもきれいでおいしい、刺身なくても充分満足できる。

お部屋係りのお姉さん(ベテラン)はとても感じが良く、親身の接客されていたわ~。和服の接客って価値あるよ。まぁ、結局は人なんだよね。

当日来ても、席が空いていれば座れるかもだけど、予約の人がほぼだと思いますが。

食事だけでなく、ロビーもステキよ。ぜひ移転前の2019年夏前に、昭和の香りが残る登戸柏屋へ食事に来てね~。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。