我が家のハッピーバレンタイン

31.2.13 我が家では、妻がチョコを買ってきて渡すのではなく夫婦でケーキを食べるのがバレンタインの習わしとなっております。わたしも食べたいからぁ~♪

本年は、高野のケーキといたしました!

夫は残業で遅いから、夕飯は各自調達。ケーキを買っても、帰宅が遅くて食べないかもなぁ・・・。と思っていたら21時頃帰宅。

わたし「ケーキ買ってきたが、時間も遅いし疲れているよね。食べないなら私が2つ食べるから無理しなくていいよ」

夫「ふむ、発泡酒買ってきたが・・・・」

わたし「あらそう!ビールとケーキは合わないから、ケーキはわたしが始末しておきますのでご遠慮なく」

夫「ケーキ見る。」

わたし「ん?ケーキはこれ。大丈夫だよ、2つとも私が食べますから、ビールを飲んでくださいよ、さぁ!」

夫「ぬぅ・・・。いちごとアップルパイ買ったんだ。僕の分はいちごだね。ビタミンは大事だよね。うん、健康のためにビールは明日にして、いちごを食べることにするよ」

わたし「ビタミンがどうのこうの言ってるけど、つまりケーキ食べたいってことだよね?」

寝る前に夫婦2人でケーキを食べるバレンタインイヴです。

わたし「今日ね、リンガーハットで野菜たっぷりちゃんぽんを食べたの。慌てて食べるもんだからむせちゃって。鼻の奥の方にキャベツが迷い込んでこびりついてさぁ」

夫「がっつくからだよ。鼻かめば出てくるよ」

わたし「鼻かんだんだけど、ガンコでさ。諦めてちゃんぽんを食べ続けたんだけど。いちいち鼻の奥で迷子のキャベツが自己主張してくるんだよ。」

夫「あるよね~」

わたし「どうしよう、キャベツが私の鼻の奥でジワジワと腐っていったら、と心配していたんだ」

夫「へー(飽きている)そういえば、セールのお財布買ったの?」

わたし「財布さぁ!よし買うぞと思ったら売り切れてたんだよ~!」

夫「モタモタしてるから。パッと買わないとさ」

わたし「でね、財布の買い逃しの傷心を癒そうと思って。同日に下見してた電卓をノジマポイントで買おうとノジマへ行ったら、こっちも売り切れてたんだよ~!」

夫「ワハハ!」

わたし「私の選択肢が奪われている」

夫「もう一人の欲張り妻が存在して、先回りで買っていってたりして。SFみたいに」

わたし「それ!私もそれ思ったの、もう一人の私が、私の欲しいものを買ってしまっている気がした!」

夫「買おうかと迷っていたセールのコートも売り切れ?」

わたし「いや、コートは高いわりに薄っぺらいからやめた。オシャレで風邪ひくのは困るし。わたしはオシャレよりババシャツ」

夫「そういえば、鼻の奥のキャベツ、どうなった?」

わたし「知らないうちに、どこかへ行ってた!」

夫「よかったね」

わたし「ウン。あのさぁ、せっかく540円の高いケーキ買ってきたんだよ。イチゴばっかり先に食べちゃって、ハゲ山みたいなケーキにしてどうするの?もっと考えて食べなよ」

夫「キャベツさんは妻の口も塞いでよ」

我が家の2019年ハッピーバレンタインイヴの話はおしまい。

来年は、どんなケーキにしようかしらん。

(関連過去記事)我が家のハッピーバレインタイン2018 → https://mina-office.com/2018/02/14/valentine/

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。