申告期限直前にやっておく

31.3.14 明日3/15は、個人の所得税確定申告書の提出期限です!前日にやっておくことメモ。

確定申告書のほぼすべてが申告を済ませた!

明日の最終日に備えて、確認しておくべきことはあるかしら。

1.納付状況

納付書を渡して現金で納税する方には、メールをしておく。

「どもー。明日までだけど、納税は済ませましたー?」

「え?税金って自分で払いに行くの?どうやって?」

「いつまでだっけ?」

特に、普段、自分で納税してない方には確認しておくべき。

うざいかな?と心配したけど、ありがとう、と言われるよ。

振替納税の方には連絡しない。

税理士報酬の支払いも確認しとくこと。

2.申告状況確認

申告したつもりが…ということはよくある。クライアントの一人一人を思い出して、うっかりリスト洩れがないか確認。

届出書もだよ!

カフェなど、場所を変えるとよい。スケジュール表を見る。

3.予定納税、中間

予定納税と消費税の中間は「申告のお知らせ」で確認。

分からなくても税務署でエラーが出るのか、教えてくれるよ。なにやってんだ、税理士!ってなるけど。

ちゃんと資料くださいよ!と伝えるべき。一事が万事、税理士は千里眼と思わせるのはミスのもと。

4.消費税確認

消費税は洩れやすい。

5.返送準備

申告書の控えの整理。期限前なら、整理してて「あ!」があっても対応できるじゃん。

数字の検算はいらないけど、前年比較、添付資料、提出しない資料を、ぼさーっと眺め。

6.気になる人

シーズン中、なんとなくひっかかる納税者っているよね。

なんとなくには意味がある。申告書をじっくりと見直す!検算も行う!

ひっかかりポイントをクリアにしたいね。

7.来年のリスト

来年の自分への申し送りを作っておく。クライアントのリストを作って、ああ、こんなことがあった、とプチひとりぼっちお疲れ会。

確定申告の期限まで、あと1日!!

寝不足はミスのもと。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。