わが街のキャッシュレス5%事情

2019.10.1 わが街、向ヶ丘遊園駅近辺のキャッシュレス事情。ポイント還元額って経費に含めてしまいますか、収入計上ですか。

10年後、「そういえば10%増税時にそんなことあったよね」用の記事です。ご査収ください。

1、まちの様子

まちをパトロールしてみました~。

ゆうえんでは、布団屋さん「半ざむ」がキャッシュレス推し。のぼりも気合が入っている。目立つ!

区役所の近くのアレルギー対応レストランでもキャッシュレス。ランチの営業時間が長いけど、ちょっとお高め。

他の店舗も色々あるんだろうけど、はっと気が付いたのはこの2店舗だけ。あんまり浸透していないのか間に合っていないのか・・・・。少ないからなのか、探しているからなのか、キャッシュレス5%還元ステッカーが目立つ気がする。(といっても来年6月までだけど)

本日10月1日より消費税10%増税で、9月29日・30日は値札張り替えが大変だったみたい。

セブンでは、29日の夜からお酒の値札張り替えを始め、冷蔵庫に「早めに値札10%に張り替えてるけど、レジではまだ8%だからね!」と書いてありました。

いつもより、シフト人数が多かった気がするわ。がんばれ、がんばれ~!

2、インフラ整備費。キャッシュレス還元事業

ファミマでは、気が付いたらキャッシュレス決済機械が全部取り換えしてたね。

10月1日の初日は、「クレジットカード支払いで」ということに対し、(こんなちょっぴりの金額でカード支払なんて、5%還元されたっていくらでもないのに、と思われているんじゃイジイジ)と気分的に憚られたもんですが、コンビニでは意外と他の人もクレカ支払をしている!

5%ポイント還元でキャッシュレスの使い方を覚えた人は私だけではないと思うわ。

へ~、ここに差し込むだけなんだな~とか。ちょっぴりの金額なら暗証番号すら入れなくていいし。レシートには、ポイント還元額が記載されていてお得感がある。

・・・しかし、支払った感覚がないので、後から請求額にびっくりしそうね。

3、ポイント還元額の仕訳事情はさまざま(という私の見解)

増税前後のレシート。キャッシュレスと軽減税率

 

レシートをアップしましたのでご確認ください。

一番左はファミマのレシート。633円が軽減8%。キャッシュレス還元後621円の支払いになる。

仕訳はどうする?ポイント還元の前の金額が経費計上なのか、ポイント還元後の金額が経費計上(ポイント還元額が収入計上)なのか!※法人なのか個人なのか、経費の性質、免税事業者なのか一般課税なのかによって答えは変わるけど、トータル税額はどれもほぼ同じになるはず。仕訳の切り方の違い。

一番右は9月30日の増税前8%時代のレシート。当たり前だけど、10月1日から軽減税率の記載が始まったことが分かります。

おことわりしておくと、一番右の事務所に置くルイボスティー108円のみを弊事務所の経費計上しております。今日は一日コンビニ弁当ってバレてしまったのであった。

4、会計上の煩雑さ。なんとかなるさ

あっ。

経費もキャッシュレスで支払ったら帳簿処理が面倒くさいかも・・・・。まぁ事業主勘定でいいや。

あっ。

社長のクレジットカードで法人のちょっとした経費を立て替えた場合に注意しなくてはならぬなぁ。

あっ。

8%の食料品と、10%の雑貨を買ったら帳簿の仕訳が・・・。

・・・・・。

税理士サイドとしてはちょっと困惑があるキャッシュレスポイント還元&軽減税率制度ではあるけど、利用側(消費者)からすれば助かるよね。

軽減税率もポイント還元も国からの補助金みたいなもんなんだからさ。

その原資は、我々の税金なのであるが。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。