貸倒引当金の法定繰入率が問題視ぃ?

2019.11.19 税のしるべ(2019.11.18)読んでいたら、「会計検査院が貸倒引当金の法定繰入率が実際と乖離しているからH27~H29の実績を調べろと財務省に命令した」という記事と遭遇したわ。

ん・・・・それがどうしたの?

貸倒引当金繰入額って、どうせ翌年に戻入れなのだよね?

とりあえず本年の経費にして、来年同額の収入にする。

だから、あんまり得するケースは少ないよね。

・・・・・うーん?なにが問題視?

日本にいる300ほどのお金持ちな事業主が、法定繰入率と実際の貸倒率との乖離があったみたいです!

うーん?なにが問題視?

しかし、「ちょっとの人が得するけどスルー」はよくないという考えだね。税は、効率性を度外視して、公平性を最重要視するのであるから、制度の見直しには協力せねばなりません。(強がる)

よし。

貸倒引当金繰入額の、法定繰入率を廃止にしましょう。貸倒実績率だけでいいよ、もう。

 

貸倒引当金で節税、は疑うべし。

かなり限定された状況下のみで税率差が発生するので、間違いではないけど、みんなに当てはまるものではないと思います。

 

なお、個人決算書を1000件以上見てきましたが、貸倒引当金を計上している個人事業主は1件も見たことありません。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。