やりきりました!イトウ家の相続セミナー!

2019.11.29 やりきりました!イトウ家の相続のセミナー講師っ

かわさき商工会議所では、士業でお勉強会をしているんだけれども。相続問題研究会というその勉強会主催で(?)セミナーをやるのです。

今年の秋は、税務セミナー!ということで私がエントリー致しました!

同研究会の弁護士さんを指名し引きづり回してのセミナーです!

まずは配置から。税理士と税理士の講師2名は、両端にしました!私からのリクエスト。違う立場での話なので離れててほしいんですよ~

パワポはおのでらの手作りです。

もはや、パワポ芸!

左下のハトのすまし顔がイイよね

これ、わたしの紹介。梨の写真、もっとあるんだよぅ~涙防災農地のことも話したかったです。

被相続人は長十郎、配偶者は旭さんです。にっこり。

川崎発祥の梨、長十郎梨の紹介。もっとたくさんあったのに・・・・。他にこだわっちゃって時間がなくなるという。

・・・・・。

今回は、事例形式で、イトウ家の父ちゃん、長十郎さんが亡くなった設定にしました~。わたしが相続の話をするときは、いつも長十郎さんが亡くなるんだよね~。

よくある質問。

「なんでイトウ家?」

うーん。意味なんかないけど、なんかイトウ家なんだ。なお、イトウさんからの相続依頼は、相続関連のセミナーでのお名前利用料として少しだけ値引きします。イトウ割引実施中です。(有効期限があります)

税務スケジュールの話は、結構スベってました。準確定申告の話もして、「はやくやってね♡」と言いたかっただけなのだけど、色々詰込みすぎ。ギュー。

気を取り直して、次は、相続税の計算方法です。

秘儀!「相続税測り!」

「わたしが勝手に作りました!相続税の計算では、この測りの上に財産を載せて相続税を計算しますっ!非売品だよ!なーんてね」

と分かりやすく説明したつもり。めっちゃ傑作!と大いなる自信を抱いて臨んだ結果、お客様の反応といえば!

会場ぽかん。

・・・・おォ、なんかいつもの「おのでらの講師の時のお約束の空気感」だんだん慣れてきたぞ。

農地税制って手厚そうに見えるけど、実際にはそうでもないです

相続税の話なら、やっぱり梨農家の相続税の納税猶予の話がしたいわけよ。うん、どうしてもどうしてもしたいわけよ~。(このために冒頭で梨の話をしてるわけ)

法律ではど~もならん。相続って、人の気持ちだから、政策では限界があるの。都市農業は、勤務先がたくさんあって農業以外の選択肢もたくさんあるのです。そんななか、儲からない農業を推進する理由ってありますかね?

農家の子の「ぁ・・・やっぱり自分が継がないとならぬ、よね・・・・」みたいな使命感頼りでいいのかなぁ。けど、農地は残ってほしいし・・・・。

という迷いをお話しし、

「みなさん、私のオタクな話にお付き合いいただきどうもです」とお礼を述べて次へ。(つまんなそうだったのでお詫び)

第二部では、弁護士さんに協力いただきつつ、遺産分割の話をします~。

イトウ家の皆さん、それぞれに思いがありますね~。相続税の税務申告は、共同して提出できるので、税理士は家族皆さんからお話を聞くことがあるのよ。

ご家族のお話は「へ~っ」て聞くのよ。税理士の意見を言わないのが相続税申告のコツ!

妹のモデルは私です; おひとり様相続の問題点をお話し。集中して聞いてもらったよ!

よくあるのが、「一番税金が安い分割案ってあるのですか?」という質問です。

はい、あります。と、提示したのが次の案。

税理士は、二次相続も考えた分割案を提示するのよ~。一次相続と二次相続の納税合計額が893万円、、、と妙な数字になってしまいましたが偶然です!(会場やや受け)

兄と妹の取り分に差がある事が気になる弁護士さん

弁護士さんからは、税理士案の問題点を指摘の上「これがいいと思うよ」案をいただく。なるほど~。

(舞台裏を明かしてしまうと、先に弁護士案を作ってから税理士案を作っている)

家族の公平感を優先すると、節税案(税理士案)よりも350万円ほど税負担が増える。どっちを優先するかは、家族が決めることなんだよね。

よくある、配偶者の税額軽減があるから、全部配偶者に相続させればいい、の失敗事例でした~。

勉強になりました~。セミナーで仕事がじゃんじゃん舞い込んでくる、はずっっ(儚い)

実際の数字を使ったことが褒められたよ。どっちかというと、都合の良いサンプル作って、相続税の計算をする方が簡単だったりするので、相続税のセミナーをする方は参考にしてね!

相続税額の計算式は完全スルーしました!「法定相続分」を言い出すと、「え、遺産分割は法定相続で分けなくていい?え?」てなるので、なんでも説明すればいいってもんじゃないと思います。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。