次なる税理士法の答申、を読んだわ

2020.3.31 粗末に置きっぱなしだったけど、「税理士界」1386号を読みました。税理士会連合会が発行する、全国の税理士向けの会報誌です。税法よりも税理士制度の話が多いよ。

今回は!

2019年5月~11月までの間に「これからの税理士像をこんなふうに考えてるけど、どう?なアンケート」。日税連の制度部が作ってくれた。

私は4ヶ月くらい考えては壊し、考えては捨て、考えて・・・・あっもう時間が無いっこれだぁぁぁっ!ポチリ。

と、参加しました。(締め切り直前23:30に送信でギリセーフ。9月くらいにも送っちゃったかも。)

集計結果が発表されました。ドルルルルル~。

一番びっくりしたのが。

回答者1182人!

は!?回答者1182人?税理士総数77,000人いるんですよ?

アンケート作るためのパワポはわかりやすかったし、説明の資料もよく考えられていてわかりやすい言葉をつかってた。時間かかっただろうにさ~・・・。

まさかの、税理士さんのうち1.5%しか回答していない

この民度の低さ!

あとはもう、散々言ってるので今更な感じ。

(関連過去記事)次期税理士法の改正アンケート → https://mina-office.com/2019/05/27/jiki-zeirishi/

税理士法人は必要ありません。

所属税理士は必要ありません。

税理士を名乗る覚悟がない税理士は、税理士ではありません。弁護士のように共同受任にすればよろしいです。

さて、新聞には寄せられた意見の一部が紹介されている。

ほうほう、なるほど~な意見や、ダメダメそんなの!な意見。さまざまです。

こうやって自分と違う意見を読んでピースカ言い、少したつと「それもいいなぁ」と自分のレベルが上がる感触がいいよね。

またアンケートやってください。勝手に決めないで、みんなに情報共有しながら進めてほしい。結果は同じ(偉い人が決めとく)だとしても.

こういうの、仲間とご飯なり食べながらヤイノヤイノ言いたいよね!

なのに、みんなお酒飲んじゃうから、しょうもない話しかしなくなっちゃうんだよね。お酒を飲むと、少し難しい話になると理解できないんだよね。

もう、飲み会にはいかなーい。

真剣に未来を考える的な話が出来る税理士さんは少ないんだよな~。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。