上期の源泉納付書作成、完了しました!

2020.7.2 自社以外、クライアントの上期の源泉所得税の納付書作成が終わりました!

ダイレクト納付を利用して、納税まで手伝いました~。銀行に行かなくても納税が済むのは便利だよね。

事前準備:

わたし「社長、税務申告を電子申告しています。国税の納税も電子手続きが可能なのです~。税金の引き落としができるようにしときます?今まで通り納付書作成もしますから、その都度どっちでも選べます」

社長「納税も手間だから準備しておこうかしら」

わたし「じゃ、申込書作っとくので届出印を捺してください~」

税務署への届出を済ませると、1か月もすればダイレクト納付OKになります。

源泉納付額の計算が終わり:

わたし「社長~。給与の源泉〇万円、小野寺の源泉〇万円、合計〇万円の納税額でした~」

社長「はいはーい。了解」

わたし「7月10日までの納税ですが、銀行引き落としにします?それとも納付書をご郵送しましょうか?」

社長「忙しいから引き落としで」

わたし「では、小野寺の準備が済み次第、納税手続きとります~。すぐに引き落としになりますので、よろしくお願いします~」

社長「はいはーい。よろしく~。」

ダイレクト納付:

小野寺がダイレクト納税の手続きをして完了。

・・・・が半分です!

JDL税務ソフトから源泉納付書の提出をしているのだけど便利よ。過去分も履歴が残るから。

JDLの場合、源泉納付書の取り込み&送信した後、メール詳細を見ると「ダイレクト納付します?すぐ引き落とし?希望日ある?」の欄があるので選ぶ。

「すぐ」を選ぶと速攻、引き落とされるというっ!!

今のところ、銀行口座の残高不足でしたというクライアントはありません。

・・・納付書を送るところまでが税理士の仕事で、納税まで考える必要はないのだけど。

やっぱり納税が済んだところまで確認できると、安心できるのです~。(わたし、えらい。もっと国から感謝されても良いと思う)

税理士ではなくても、

納税者さんが自分でダイレクト納税することもできます!

e-tax web からログインすれば出来るはず。(やったことはないけど)

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。