つい買ってしまった話

29.12.21 ドピンクの看板のクスリのナカヤマで、思わず化粧品を買ってしまった話。

向ヶ丘遊園の南口。ダイエーのそばにもクスリのナカヤマがある。看板が通常の赤ではなくドピンク。

斜め前の鍵屋さんは、牛角がある遊園駅のの踏み切り近くに移転した。

鍵屋さんの跡地には、ラーメン屋さんがあるよ。(過去記事)横浜家系ラーメン開店 → https://mina-office.com/2017/09/15/ra-men/

クスリのナカヤマには、いつもの化粧水を買いに寄った。

化粧水は、定期的に違うものを使うのがよいらしく、そろそろ変えようかなぁ~と思案していたところ、営業の人にお勧めされ。

化粧水つけるまえに、肌に塗ると化粧水の飲み込み方が違うらしい。

「ちょっちょっと手に塗って体感していただけませんか!1000円です、人気あるんです!」

…ま、1000円ならよければ買うかな。と、体感。ふむ、まあまあね。そんなに、必要なほどお肌がヒドイ?とかビミョーな気持ちになる。買ったら負け?いやいや、鏡で見るより、他人から見たら、カワイソーなのかも…くっ

「あのあの、今回はお試しでちょっぴりお得です!で、オマケにこれも付けます!」

(もう一声)

「…もうひとつオマケに付けます!」

(まだ手元にオマケあるの見えた。なんならジャンプしてもらおうかしら)

「…これもこれも、全部オマケします!ぜひ?」

買います!

あざーす!

と、楽しい買い物をしました。夜、早速使ってみたけど、お店ほどの効果の差は分からない。

けど、毎回使う度に、とろサーモンの久保田さん似の楽しい雰囲気を思い出せるから、買って良かった~♪

このように、人は気分で買うんだ。どんどんオマケ(どうしても欲しい訳じゃないが)が増えるから、お得感があって。

タイミングもあるよね。丁度化粧水をどーしよーって思ってたし。

「散財ではない、必要だから買った」と自分に言い訳できる理由にもなる。

値段もまぁ、このくらいなら夫に怒られないだろう。って範囲だったのもよかったよね。やっぱり、時代は小分けして売るのがいいんじゃない。

今週は夫のおかず減らそぅーっと。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。