冬の多摩川梨の木 散髪中

29.1.7 府中街道の登戸近辺を散歩。


梨の木は、葉っぱもなく寒そう。この時期、梨園に農家さんが梨の木の散髪をしているのを目撃した!!

冬でも休みがないんだね。

梨の木は、上へと伸びる枝があり、どうやらそれを剪定してるみたいだった。伸びすぎると、何かと不都合があるんだろう?強風とか?枝先に梨が出来ちゃうと栄養が行き届かないとかなんだろうか?

府中街道には小さい梨園がたくさんあって、他の梨園では従来型の棚田方式と新たなJV-トレリス方式とが混在していたよ。

画像の真ん中上あたり、こんもりしているものは剪定した枝がまとめられているもの。

ナシ・ジョイント栽培新樹形「JV-トレリス」 まだ生まれたて

手前がJV-トレリス方式で、奥は棚田方式。奥の棚田方式は、一本ずつの梨について傘の骨みたいな金具で枝を支え、梨の実の重みで土に付かないようにしてるんだと思うわ。

古くなった梨の木が退職し、JV-トレリス方式採用としたんだろうね。まだ、梨の木の赤ちゃんだよ。一人前になるまで、3年かかるみたい。

JV-トレリス方式は、種付けや収穫など手入れが断然楽になる。接ぎ木するので、同じグループであればどのJV-トレリス枝であっても同じ味になる。

さみしい~!

しかし、梨農家さんの苦労もあるし体が辛いといけないし、受け入れなくてはならぬね。段々、心の準備が2%くらい出来てきた。泣。

今のうちに棚田方式の梨狩りを楽しもう。ううっ。棚田方式でも梨農家さんが苦労しない技術は難しいのかい…

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。