エイプリルフール2018

30.4.1 エイプリルフールだったので、お花畑な世界観を羅列したいと思います。ついでに、こんな世界は嫌だ~も。

1、税務関連編

住民税の源泉徴収制度を導入してサラリーマンの個人情報を保護する。

年金の源泉徴収制度をシンプル(扶養親族等申告書の提出廃止)にして市町村が年末調整をして確定申告難民を減らす。税理士下請け可能。

遺族年金と障害年金、介護保険制度の適正化

低所得高齢者への税理士派遣制度。おカネの人間ドック制度を広く浸透。

確定申告期の年金事務所へ税務支援。

消費税8%は計算が難しいし10%は高いから一律5%

税理士会に税務調査生前供養塔を建立

2、社会環境編

大学入試制度の廃止。受験戦争で競争しなくても好きな先生から学べる環境へ。

生活保護を含むベーシックインカム制度の検討。つまり最低限暮らせる年金制度。年間120万円。

低所得者向け都営住宅の拡充。

未成年の選挙権を親に付与することをゆるく検討

うちの賃貸している自宅の家賃が安くなりますように

多摩区役所に併設されている図書館にコンメンタール常備。

他人を認めあう文化

上下関係・根回し・仲良し第一ではなく建設的な議論が行える環境

中小企業・個人事業主の見直し

午前中に寝る権利擁護

携帯キャリアのわがまま廃止。車と同様に10年間は部品とプラン維持を強制。本体端末の買換え圧力や新規プラン囲い込み禁止の規制。今や通信環境は社会インフラだから

グラッチェガーデンズのピザ食べ放題店舗を登戸駅に誘致

プア層や勤労環境困難者が勤労意欲と社会奉仕できる環境

・・・なんか七夕みたいになっちゃってるのがあるけど、どんまい。

3、逆にこんな世界は嫌だ~

議会がマスコミウケ第一でろくな議論をしない

政党議員がサラリーマン化して自分の意見がない・言えない

組織のトップが国を動かすと思って自ら考えずに国民主権を放棄している国民

給与所得者・年金受給者は単なる計算に過ぎないのに申告納税制度

国際情勢優先で国民感情無視の議会。重要な議論を報道しない=知りたくない国民

知ってますコンテストや感情論優先で本質を見ようとしない人たち

プア層からも搾り取る消費税増税分で、中間層以上の家の子の学費を賄うシステム発動

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。