TAROカフェdeコーラ

週末は、TAROカフェで優雅に過ごす?

私の暮らす、向ヶ丘遊園駅から10分ほどのところには、生田緑地があるよ。去年はへびを見つけたので、今年もへびを探しに行きました。いなかったけどね!そんな都合良くないから!

生田緑地の奥には、しんがりとして岡本太郎美術館があり、TAROカフェがある。遅いランチを食べに行きました~。

夫は期間限定のサンドイッチと怪しげなナタデココのナッツコーラを注文。

コーラはナタデココがぶっこんであり、ナッツソースが入っていて、飲むたびに夫、むせる。

夫「大丈夫、ぼくはこういうの好きだし、変わってておいしいから。珍しいから。おいしいから。いいの。ケホ」

私「うわ~もういらない」

私は普通のごはん。高い。

隣の席のご夫婦は、期間限定のかき氷を注文していて、

奥様「味がないわ。バックにガムシロップが忍ばせてあったはず、もうガムシロかけるっきゃないわ!ガサゴソ」

夫さん「うぐぐ。僕のアイス食べていいよ」

奥様、結局氷を残されて帰ったわ。覗きこんだら、ほんとになんにもかかってない氷が、デン!と鎮座していました。

新規客も味がないかき氷を注文していました。味がないらしいよ!ワハハ!

さて、人の不幸を面白がったところで、そろそろ店を出よう。

2人で2500円とレジで言われ、途端に元気を失ってしまった。ガビーン…

夫が気を遣って、枡形山までハイキングに誘ってくれて、雨上がりのぬちゃぬちゃした道をエホエホと上りながら森林浴。展望台の屋上は全然人気がなく、ゆっくり下界を見れたわ。

6月は、ホタルの国もあるらしい。7月は織姫彦星が来るし、生田緑地はファンタジーね。

今週末の生田緑地は森のマルシェというお店の出店があり、野菜・食べ物・飲み物が売っていた。去年かな、多摩区民祭りで見たことあるお店なんだよ~。

野菜販売の方に突撃取材し、福祉事業の在り方と農業との絡みを考えながら帰ったわ。

農業にチャリティーを持ち込むのではなく、福祉事業が農家を行う、という方法は素晴らしいのではないか、と感心致しました。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。