大至急:申告書の作成

30.7.6 まったく、大変な目に遭いましたよ、という愚痴であります。

世の中にはノンビリな人がいて、相続税申告書を提出期限の3週間前に依頼する人がいる。

マジか!

土地の評価など、瞬時にできると思っている方がいて、「え?そんなに時間かかるの?」という人がいる。

固定資産税評価額があれば相続税の計算など簡単と思っている方がいる。

マジか!

「え~?土地って固定資産税評価額を0.7で割って0.8をかければ、相続税評価額でしょう」というマジか、なことを言う方がいる。

マジか!

債務控除は言い値で控除できると思っている人がいる。

マジか!確実な債務に限るって書いてあるのに!?

出した資料の数字の反映だけで相続税申告書が出来ると思っている人がいる。

マジか!相続税申告はヒアリングが命だというのに!?

相続税の納付書など、蛇口をひねれば即座に出てくると思っている人がいる。

マジか!

間に合わせました。こんなにこんなに苦労したけれども、全然感謝されませんでした。

マジか!

あ~先に報酬もらってから申告書を渡すべきだった、後になって出し渋るドイヒーな人がいるんだなぁ・・・。

税理士報酬の応酬で期限後申告なんてありえないと思っていたけれど、こういうことがあると考えてしまいますなぁ・・・。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。