チャットAIは便利@新生銀行

30.12.28 新生銀行から振込をしようとしたところ、出来なかった!チャットで理由が分かり、解決したレポート。これからは、営業マン窓口は不要だ。

・新生銀行の年末年始事情

新生銀行は、平成30年12月29日~平成31年1月3日まで利用できないんだって。

おのでら予想によりますと、平成31年は天皇の譲位・マイナンバー対応などに備えたシステム改修!に複勝100円。

年内に駆け込んで28日のうちに振込みを済ませよう!と一旦出先から戻って手続きしたところ。

ネット画面「振り込み手続きは今、出来ません」とお断りされてしまった。

えーっ冷たくない?優しくしてよ。

年末は29日から休みだったはず。振り込まれ日はともかくとして手続きは受け付けてくれるんだけどな?サーバーダウンかしら?と問い合わせに電話すると。

電子音「電話が混んでいます。1時間後にかけなおしてみたら?」

とのことで、諦めた。

・ホームページは広告ばかり

ホームページ見ても、「これ買って!これ新商品!」みたいな情報ばかりで、知りたい情報に辿り着けない。

うん、情報が多すぎて、こっちが知りたい情報に辿り着けない。広告を見たくて検索しているわけではないのに。

新生銀行のログイン後、問い合わせの場所から「チャット」による問い合わせがあることをしり。

ほう!レッツチャレンジ。

・新生銀行とチャット

注意事項を隅々まで読み、新生銀行とチャットしてみました~。まだ、実装して間もないみたいだね。

見た目はラインやメッセンジャーのアイコンがないバージョン。

チャットは、入力する時間で考えるので、電話でわ~っと話すより頭が整理されてよいね。あちらも、クレーマー対策にもなるし。

チャット対応の方は、在宅勤務とかなのかしら。すぐ対応してくれて助かる。以下のやりとりやセリフは加工していますが、丁寧だけどフレンドリーでグッドです。

チャット「こんにちは、〇〇です、どのようなお手伝いをしましょうか?」

わたし「振込をしたかったのですが、できないと出てしまいました。年末の振り込みは、もう終わりでしたか?」

チャット「ご不便をおかけしてすみません」

チャット「28日の振り込みは14時半までです」

チャット「恐れ入りますが、来年1月4日以降にお手続きいただけますか」

わたし「解決しました、ありがとうございました」

わたし「では、失礼します」

チャット「よいお年を!」

!チャット終了直前のよいお年を、ってなに!嬉しいんですけど!

え、これもAIの仕業ですか?そうかもしれませぬ・・・。

・AI活用のチャット

勝手な妄想だけど、わたしの「振込できなかった」「年内」というワードからAIが質問を整理したんだと思う。

AIがいくつかの解答例をチャットさんへ提示し、チャットさんは、その中から一番最適な答えを多少加工して回答したのだと思われる。

(そうでなければ、チャットさんが対応できない)

一応、入力中・・・の表示が出るのだけれど、めちゃ早いから定型文と組み合わせてくれてるんだと思うわ。

やりとりが少なかったこともあるけど、全然、機械的ではなかった。

単純な対応は、AIの方がいいよね。国税庁のAIチャットも早く実装してくれればいいのに。

わたしは「AIどんとこい派」で、仕事奪われる心配はしないほうなんだけども。

過去記事には、

先を読む力、機微により相手の気持ちに沿う力が、機械にあるのか。

と書きました。今回のような単純な受け答え、誰に聞いても答えが同じものはAIが便利だよね。

(関連過去記事)AIどんとこい派 → https://mina-office.com/2017/10/01/ai/

・借金返済は年越し~♪

ところで、新生銀行、年末は29日から休みと書いてあるから油断した。振込業務はひっそりと28日14時半までだったんだって。注意書きの更なる注意書きに書いてあったよ!大きく書いておいてよ~。

ほかの口座からお金を新生銀行に移して、ネット振り込みしようとしたのに。29日からは引き出しも出来なくなるので、システム停止は仕方ないとはいえ不便だわ・・・。まぁ、来年に持ち越しても外部への迷惑はないから。

ま、よいお年をとのことなので、夫への借金一部返済は来年に持ち越し~♪

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。