医療費控除を医療費のお知らせは時短か?

31.2.7 税務支援などを行い、医療費のお知らせで医療費控除の計算をされる方がいた。

去年あたりから税制が変わり、医療費控除の金額について、病院の領収書をせっせと計算せずとも、市町村から届く「医療費のお知らせ」で代用してよくなったらしく。

税理士事務所への依頼の場合、医療費のお知らせは使わないんじゃないか?病院などの領収書を計算するケースがほとんどでしょう。

病院などの領収書と「医療費のお知らせ」を突合するような暇なことはしません…

それでね!

「医療費のお知らせ」を使っている納税者さんの医療費の明細書を見ると、11月以降の医療費は領収書を足し算した金額が書いてあるわけだ。

1月から10月までは「医療費のお知らせ」の自己負担金額らしき金額が書かれている。

その下に、11月と12月の医療費の足し算が書いてある。

なぜか知らんけど、11月12月の医療費の方が高い傾向にあるんだよね…

なぜ?

もしかして、「医療費のお知らせ」には罠があるのでは?一部の病院の分しか載ってないとか?

納税者さんに「え、ちゃんと書きました?」と聞くと、「ちゃんと領収書と確認したよ」と言われ。

うーむ。

医療費のお知らせを利用するのは、果たして時短になっているのか??

わたしは1年分の領収書を電卓で叩く方式にしますわ。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。