クーポンは権利か@マクド

2019.7.1 マクドナルドで、クーポン利用が断られた話。

マクドナルドさんから、8月末日までのクーポンを貰ったの!

何度でも利用可能のクーポン。

てりやきバーガーセットが450円という破格です、奥さん、お得ですよ。

今日もしっかり利用しようとしたところ。

「今日はレジシステム障害があるので、そのクーポンは使えません」キッパリ。

ぬ?

え、適用要件を満たしているのに、クーポンの権利を行使できないの?

「あ、そうなんですね・・・あ、では普通のセットで」

システム障害ならしょうがないよねって雰囲気に負けまして、550円を払っててきやきバーガーセットを購入しました。

私は分かった、クーポンは権利ではない

温情なのであるから、「はぁ!安くしろや!」みたいなことは言うのやめときましょ。(私は気が優しいからこういうことは言いません。え、なんか言いたいことでも?)

7月1日は、色んな所でシステム変更があったことでしょうねぇ。まぁ私みたいな自由なノラネコには、かかわりのないことでありんすが。

・・・あれ。

でもさ、クーポン利用って広告の一種でしょ?クーポンは配るけど、入店したら使えないというのは、芳しくないことであります。(今回の件はしょうがないと思っている)

お店のバイトさんからすれば、「そんなの、本社の社員が思い付きで現場無視して配ってんだよ!知ったことか」という声が聞こえてきそうです。(気持ちわかる)

グルメサイトみたいなヤツで、「クーポンでめちゃお得!」みたいに宣伝しといて、クーポン利用で食事量を減らしたりなどの目先の売上げだけ確保、みたいな経営方針があるみたいだけど、リピーターが増えないよね。(盛った写真には頭にくる)

といっても、クーポン利用客は、クーポンがあるから来るのであって。

・・・クーポン戦略、考えて行こう。オーッ!

追記:リベンジでまたマックに行き、しっかりクーポン利用をさせていただきました♡あーお得感って何にも替えられない。お金を使ってまで、お得感を感じたいこの強欲な気持ち、わかるかしら。分かりませんか、そうですか。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。