長十郎梨2019、ほぼ終わりました。

2019.9.6 三平さんへ梨もぎにいったところ。長十郎梨、ほぼもがれて終わりました!(追記、台風だいじょうぶか?)

数日前、プラスチックの箱に「長十郎梨!1kg」でゴロリと売っていました。

今日、梨もぎに行ったところ、「あら~、一昨日安く売っていたのに~」と言われ、どうりで畑の長十郎梨が少ないわけだよ。

少ないながらも吟味して梨もぎします!

梨もぎとり

長十郎梨、先日の木とは違う、年とってる木からもぎっ。道に近い方。少し、太陽が多く当たっていそうで!

更に、入口付近の小さめの長十郎梨の若い木からもぎっ。

長十郎梨の、おのでら品評を致しますと。

入口から2つ目の長十郎梨は柔らかめで最も甘め。(てか、長十郎梨じゃないんじゃないか?私の見間違い?)

入口から右側の年取ってる長十郎梨はガリガリ感が強い。甘さ普通。昔の梨って感じがいい!てか、カタい。

入口の若い長十郎梨はガリガリ感が少なくまぁ甘め。

結論!三平果樹園の、長十郎の入口入って右側のベテラン長十郎梨が最も「梨の歴史」を感じることが出来ます!

(長十郎梨は、虫に強いので袋にかかっていないらしいです)

長十郎梨

梨もぎ体験は、「おいしさ」ではなく「体験」が楽しいの。アタリ外れ、ある方が楽しいのです。

今日は、2つの異なる木から同じ種類「長十郎梨」を1つずつもいで、今日、明日、と連続して家族で食べ、「昨日の梨よりあーだこーだ」と品評しながら梨を食べ。

こういう楽しみ方が、都市農業・地元民ならではの贅沢だったりするんだわ~♪

 

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。