多摩川梨 谷保村の梨オタク

2020.3.27 多摩川梨の授粉のお手伝いで東京都国立市の谷保へ。立川駅から南武線で3駅位。

こんなに都会の住宅街に、多摩川梨が孤軍奮闘しているなんてね!

さて、梨たちのいる梨園にて、初対面の梨農家さんたちに、自己紹介します。

わたし「はじめまして!あのーわたしは…川崎で税理士やってまして…都市農業、とくに梨が面白くて研究してまして…近所の梨園で梨もぎを楽しみにしてまして…」

あっ!自己紹介になってない!

うーむ。

わたし「…わたしは、梨オタクなんです!」

そうだ、わたしは梨オタクなんだわ!

カミングアウトして、宣言しますわ。

都市農業の研究や農地税制の研究をしておりますが、

なんだかんだ、

わたしは、梨オタク!

なんといってもテンションが上がるのが、梨の虫除けスプレー車、スピードスプレーヤ。

梨ならなんでもいい訳ではなく、棚田方式の美しさです。

手入れして、愛されて愛されて、その農家さんの思いに応えて育つ梨がかわいいんだよ。

わたし「3年前の梨がおいしくて、2年前は美味しくなかったです。でも、それも楽しめるのが梨!」

とわたしが発言したところ、大至急

梨ボラさん「どうやって梨を選びましたか?」

わたし「ん…?この木の梨、と決めてます!」

梨ボラさん「なるほど。更にどうやってしぼりこんでるのですか?」

うーん?そんなこと、ちゃんと考えてなかったな。

わたし「梨がわたしに言うんです!ボクを選んでって」

梨ボラさん「わはは!それはいいですね!」

梨ボラさん「2年前、美味しくなかったのは、あなたがベストの時期の梨を選んでないから」

あ!そうかも!そうかもね!

農家さんのせいじゃないかもだよね。

選ぶ楽しみがある、多摩川梨もぎとり。(谷保の多摩川梨は販売のみ。もぎとりで、素人を農地にいれるリスクもあるからね。)

梨オタク同士の話は尽きないです。

つづく。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。