農地の土地評価研修

29.7.22 都市農家の相続 土地評価の研修に行ってきた!@後楽園

農家にはとても興味があって、農業経営アドバイザーを受けたほどだよ!落ちたけどね!

・農地の土地評価研修

4時間近くの長丁場の研修。土地の評価に詳しい宮田先生が、写真やパワポによる分かりやすい説明。

何回か繰り返して話してくれるので、メモがしやすいね。

生産緑地の話も出てきたよ!(関連過去記事)生産緑地法の2022年問題→https://mina-office.com/2017/06/30/nouchi/

土地評価独特の農家の見方も教えてくれて、これは農家を知らない私にとってはとびきり面白かった。こういう農家の方にとっては常識なことを知らないと、農家の方はとってもガッカリしちゃいそうだよね。離島に行って、思った。

農地では、無道路地がよく発生してしまうらしい。しかし、注意点もありよ。山林の造成費も含めて、研修テキストを見直そう!

他にも、山林(がけ地)の話もあり。何気に、「この辺だと川崎市あたりではありえます」と言っていて、そういえばうちの近所の生田緑地のあの辺とか!と考えながら聞いていたので、とても楽しかった!

山林の話もとても面白かった!縁がないと思っていたけども、こんなに身近だったとは、ね。

実務的な手順の話もあり、ありがたい。農業委員会の写真もあって、「農業経営アドバイザーの研修講師に来てくれた方がいるところだ」と思いながら聞いていた。

梨畑の話も一瞬あったりして、ちょっと嬉しい。レンコン畑の写真や、田んぼの写真がとてもきれいだったな。

農地がなぜ奥深いかと言うと、歴史的な背景や領土問題、社会問題などがあるからよね。数字の計算も複雑なんだけど、それよりもそこにいる家族や背景を考えると、通常の相続よりも難しそう。税法以外の知識も必要になる。ヒアリングの時間も多めにかかるよね。やりがいがある!

土地の評価は、財産基本通達に従うことが多い。場合により22条を使うこともあったけど少ないね。

また、相続案件やりたいなぁ。

それにしてもベテラン講師だからなのか、パワポ(か?)の使い方がすごくてとても分かりやすい研修だった。東京青税の参加費500円。安っ!

・農業経営アドバイザーの試験結果

農業経営アドバイザー試験では、自信があった労務管理がまさかの不合格だった。レポートのマーケティングは、なんとか合格。農業委員会の悲惨なテストが、何気に高得点(といっても平均点届かないくらい)とれたという。謎システムね。教授先生の試験もあと一歩及ばず落ちてしまった。(士業で落ちたの私くらいじゃないのか・・・)

研修後、みんなめっちゃ勉強したみたいで平均点が高かった。

税理士会計士は試験免除となる、農業簿記の平均点が65点くらい(合格点は60点)だったから、農業簿記は相当厳しかったんじゃないかな。傾斜配点がないんだな、という・・・。

次回は、平成29年8月に試験の募集があるみたい。また懲りずに受けようかな~♪ 2回目なら有利だし。面接で落ちそうだけど。

農業は奥深くて、学ぶと面白い。終わりが見えないね。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。