世田谷通り 多摩川水門事情

多摩川をまたぐ小田急線

30.4.21 登戸駅近くの多摩川さんぽ。水門が出来ます!

今回は、多摩川の平和な風景 →水門が出来る話 →オジサンふれあい会話 →チキンカツサンド →ボヤさわぎ

1、本日の多摩川

本日も、登戸・狛江近辺の多摩川は平和であったことをご報告いたします。

河川敷では、いろんな方々がいました。

ビール片手に無言で川の流れを眺める外国人カップル、
バーベキューを楽しむ大学生、
釣れない釣りを楽しむ人々、
競技ランニングの練習をするグループ、
自転車道路トラップに戸惑うローディ(本格的な自転車乗り)、
釣り具の手入れをする愛好家、
ムーディなギターを弾く若者、
サッカーをする小学生とパパ、
ノラ猫鑑賞する老夫婦、
電車を眺める人、
その風景を見てるだけ人。

それぞれ、思い思いにのんびりしていました。

多摩川の河川敷で見かけたネコちゃんです
多摩川河川敷ネコ事情

のんびりした時間の中、世田谷通りでは消防車が何台かサイレンを響き渡らせながら走っていました。

そのあとはまた、ゆっくりとした時間がながれます。

2、五反田川 水門大作戦

世田谷通り・南部沿線道路の謎の建物は水門施設
世田谷通り 新たな水門工事

世田谷通りと南部沿線道路との交差点付近には、見慣れない設備があります。新しい水門・水路が出来るようです。

多摩川は、50年ほど前に台風で決壊し、狛江市の家が流されるなど物的被害があったそうです。(国家賠償して住民が勝ったらしい)

過去の教訓のせいばかりではないでしょうが、最近では異常気象が続いているのでこのような設備を設置することになったのかと推測しました。

水路はこのようになり、巨大トンネルを作るようです。

巨大地下トンネルの予想図
巨大地下トンネル@登戸

河川敷に、ボウリングというでしょうか、穴をあけています・・・。多摩川五反田川放水路樋門築造工事、というらしいです。・・・五反田川ってどこ?

五反田川からずず~っと住宅もある地下に水路を通し、水害に備えるらしいです。地下40Mほどの深さに、直径約9Mのトンネルを長さ2000Mほど通すのだそうです。

もぐらさんは、自主避難してください。

平成27年には住民説明会があったみたいです。国土交通省HP 京浜河川事務所より(PDF)→ http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000687957.pdf

多摩川河川敷の水門工事の様子
登戸 水門 穴あけ工事

3、ベテラン住民インタビュー

通りすがりのベテラン住民の方にインタビュー成功、

「この辺はさぁ、ホームレスがいっぱいいてさ。ああいう、(取り壊される)古い店がもっとあったんだよ」

(昭和な感じがよみがえるね~。あの古い小屋って以下自粛)

「多摩川が決壊して、家がどんぶらこっこと流れてたんだよ、この世田谷通りに黒い制服をきた警官がびっちりいてさぁ」

(さては野次馬に来たのね)

「そう、あなたは新米住民さんなの、多摩川決壊(狛江水害)は覚えておいて。ぼくたち川沿いの住民にとって大事なことだからね」

(1974.8.31 台風により多摩川堤防決壊、壊れた橋が水の流れを堰き止めてしまい、自衛隊が橋を爆破するも民家の窓ガラスを割っただけで効果なし、狛江市19戸が流されたようです)

「区画整理で登戸の駅前が原野状態で淋しい?そうだね~、この辺も随分変わっちゃったけど、変化はしょうがないよ。うん、淋しい気持ちも分かるけど、やっぱりしょうがない」

(結構、再開発には前向きは住民の方が多いね)

「新百合ヶ丘?ああ、あそこは畑しかなかったのに、今じゃすごいもんねぇ!OPAって知ってる?もはやデパートだよ、あんな田舎だったのにねぇ」

「この河川敷これからどうなるか、あなた噂聞いてる?テニスコートや乗馬場になるのかなぁ?・・・オジサンはそんな高尚な趣味がないのに見栄をはってみたよ、テヘペロっ」

じゃ、信号変わったからバイバーイ、とオジサンは去っていきました。

4、なまずんの日

本日は、登戸東通り商店街の月に一度のイベント、なまずんの日です。

いつもは閉店している喫茶店では、なまずんの日だけ特別サービスでチキンチーズサンド400円とチキンカレー500円を販売してくれます。区画整理で、この場所とはさようならのようです。涙

下記の画像(2017.2撮影)、左側のお店です!チキンサンドは撮影のことなどすっかり忘れて食べてしまった。

パトカーが通りかかり、「あら、路上駐車かしら~」とふれあい会話をして、揚げたてのチキンカツを楽しみに帰路へ。

登戸をさんぽした、別の方からの目線はこんな感じです。面白いです!(俺とパンダ 2010年)→ http://orepan.jp/category_sanpo/2010_03_26_noborito.html

5、火事さわぎ

先ほどのパトカーが多摩区役所に駐車、なにやら私の事務所方面におまわりさんの姿が。まぁこのまま帰宅してもよかったのですが、夫が見たそうでそわそわしていたので、多摩区役所を横切って、私の事務所がある建物へ。

・・・消防車が来ている!

・・・消火が済んでいるものの、3階で火事があった模様。

「あの~、私は5階を借りているのですが、戻った方がよいでしょうか?」

「(消防・警察で相談中)もう制限は解除したので戻っても大丈夫ですよ。」

(当たり前だけど、立ち入り制限や避難勧告があったんだな・・・・)

煤けたベランダを見ながら、消防やおまわりさんたちののんびりした雰囲気に安心していました。

大家さんからも声をかけていただきました。

「ベランダが燃えただけで、大丈夫だったから安心してネ!」

そういえば先週、消防設備の点検を済ませました。

6、総括

多摩川でのんびりした空気を楽しみ中、束の間の穏やかさにカットインした消防車のサイレンは、私が借りている事務所の建物に向かうためのサイレンであったとは。

チキンカツサンドまで、なんとも穏やかな触れ合い週末だったというのに、最後は火事騒ぎ。

なんか、夫婦で散歩すると、いっつも何かしら起こるね!

平和で穏やかな日々って、実はそれこそ「事件」なのかもしれません。(ドヤッ)

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。