本日は支部の定期総会

30.6.11 本日は支部の定期総会。2018年!

1、支部の定期総会へ

税理士になると、役所が勝手に決めたエリアの支部に強制的加入をして割りと高い会費を支払う。

今日は、私が所属させられている税理士会支部の定期総会へ!

せっかく会費を払っているのだから、楽しむのがよい!

政治連盟の定期総会もおまけであります。

わざわざ運営側の税理士さんが来てくれて、スピーチしてくれる。オヤ、という情報も入手できるので、行ってみるのが吉。

2、懇親会でちんちくりん勉強

近隣のホテルモリノでの懇親会では、税務署の職員さんたちや青色申告会、法人会、商工会議所、その他の税理士が日頃お世話になっている方々が仕方なく来てくれる。

管理職ばかりが来てくれて、たいへん申し訳ないと思いながら、やっぱり嬉しいよね。たくさんは話せないけど、お礼のほかに一言二言話せるし。去年より、知ってる人が格段に増えた!わたしは色々と参加してるから!

先方からの、「(なんか見たことあるちんちくりんがいる)」という心の声が聞こえる。

こういうときは、税理士仲間とではなく、外から来ていただいた来賓の方に話しかける方がいい!色々と教えてもらえるチャンスかもしれないし!

自分が考えていることは、他の団体の方と結構温度差があり、「そんな風に考えるんだ!」とびっくりすることもあるよ。

専門家の本ばかりでは、絶対に分からないことばかり。それぞれの団体の現場の声は一番大事。頭でっかちのちんちくりん回避だ!

3、政治家のスピーチから今後の展開を読む

政治家も来てくれるよ。今回も政治連盟の応援する政治家さんが二人。

かわさき市長も来てくれた!政治連盟繋がりで税理士さんが呼んでくれたんだよ。

(1)川崎市 生産性向上設備の固定資産税ゼロ

市長のスピーチによると、

「川崎市は生産性向上設備の固定資産税をゼロにしました!お金ないけど応援する。」

とのことで、勤勉な私が先月に勉強してきたことをちょうど聞いた感じ。法案が通ったのが先日だからね。勉強しておいてよかったわ。

(関連過去記事)固定資産税・法人税・所得税を減免 → https://mina-office.com/2018/05/30/tousi-sokushin/

(2)川崎市 ふるさと納税減収直撃

「ふるさと納税で税収減になった、税の使途ばかりではなく、市民の方へ税収についても関心をもって考えてもらいたい、税理士さんからのアドバイスを政治家にも教えてね。」

とのことです!

もちろん個別にインタビューに行ったよ!国民の声を税の専門家という視点で行政や政治家に伝えるのは税理士の役目だと思うし!キラッ

(3)国政 働き方改革スベリ

国会議員の方もスピーチしてくれて、働き方改革についての国民の反応がそれぞれ違うらしい。多くの経営者は「はぁ…別に」という反応らしいです。

こうして、国や地方自治体が力を入れている事柄が少し把握できたわ。議会の議事録はさすがに読んでられないからね・・・。

(4)税務署のスピーチ

なお、税務署の方のスピーチはひな型を棒読みで、知っトク情報はありません。「電子申告、分かってるよね。ニッコリ」がテンプレート。もはや、聞かないと寂しくなるレベル。(飼い慣らされ!)

4、税金は安く、老後を安泰に

今回は、政治連盟の先生二人がアツく語ってくれて、やはり加入者の低下にアタマが痛いみたいだった。

政治連盟は、なんか政治って響きに違和感があるんだけども、入ってみれば、あるべき税制を考えて実効性を打診するには必要なんだ、と理解しております。

もっと、国民のリアルな声をもとに税理士がよりよい税制を政治家に提案できたら、国がもっと良くなるんじゃないか。(優等生の答え)

つまり何が言いたいかというと、税金が安く済むような国家運営し、わたしの老後資金も、なんとかしたい!(切実)

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。