これがいい!私の税理士像

30.9.27 日本税理士政治連盟の定期総会へ行ってきた!@品川

今回は、あるべき税理士制度と、税理士政治連盟に加入すべき理由を書いております。

私は、税理士が国民からも必要だと思われたい。

・事業主のための税理士制度はキケン

一般の方は、「税理士が金持ちの税金を減らしてるせいで、俺らの税金が増税になっている」と思う人もいる。まぁ、そうかもしれないね。税金の使途の問題を持ってくるなと言いたいけどさ。

で、来年から消費者10%になると、消費者の痛税感が強くなると、より「金持ち優遇な不満」は顕著になるのではないか?

・誰のための税理士制度?

だから、私は考えた!

税理士とは関わることのない人にも、「税理士が世の中に必要」と思ってもらえるためには、どうしたらよいのか?

税理士は、報酬をもらっている関与先の税金を減らしている訳ではなく、正しい税金計算をしているだけだ、ということを、広く一般に理解してもらう必要があるぅ!

普通の善良な税理士は以下のようなことを行っている。ズルのない税金計算と、税の徴収まで面倒見ているんだから、もっと国家から税理士は感謝されてもいいと思うんだぁ。

「税逃れのようなズルは許さない。」

「ルールで認められている優遇措置はすべて使う。当然のこと。」(租税法律主義は、たまに税逃れみたいに見える時があり難しいのであるが)

「税金滞納がないように、資金繰りを注意する」

「税法はなるべく分かりやすく説明する」

「どんな税のルールがみんなにとってよいのかを考えて、提案している」

「無料相談会には率先して参加し、親切に対応する。」(わがままな数字を言う人もいるが)

「ダメなものは、ダメ。キレてもダメなものは、ダメ。言い方が悪いとか言われても、はっきり言うべきときは言う。」(意外と難しい)

・事業主と一般消費者

事業主との関係は、引き続き大事にするんだよ、と尊敬するI税理士からお話があった。

顧問先の事業主にかける時間と、一般消費者(つまり報酬をもらっていない)にかける時間と、どうバランスをとればよいのか?

「事業主から搾取されている!」と従業員や一般消費者にそっぽ向かれないようにするのも税理士の仕事の一部と思うんだ。と整合性をとったつもりだけど・・・。

信頼を築くには数年かかり、失うのは一瞬だ。

・人の心は操作できない

情報社会の今、ヒステリックな議論に税理士業界が巻き込まれる危険性がある。

その時に、雰囲気に押しつぶされて報道関係にあることないことぶっ叩かれても、何とか税理士制度を維持できるかどうかは、いかに世論が税理士を必要としてくれているか、でしょう。国民主権なのだから。

目の前の一人に対して寄り添うことが出来れば、いいんじゃない?寄り添いたくない身勝手な人も多いけどさ。

信頼は、こちらの都合では作れないのだから、たった一人に対して、一生懸命やるしかないじゃない?

どぶ板税理士的な笑。

広く税理士が世間に必要であると認められたら、若い人も「税理士になってみようかな!」と思ってくれると思う!地味な仕事だけど、最近の若い人ってこういう生き方好きな人多いよね。あっわたしも若い人、ですが。

・国税庁HPのせい。

今までは、たくさん、知識がある人が凄かった。今でもスゴいよ。

で、グーグルが出てきて、色んなことが国税庁ホームページで分かるようになり、有り難みが激減した。いつまでも昔のやり方に固執できない。

知ってるんだよ、ドヤァー!が通用しなくなった。

変わっていくんだぁー。

・生活があれば税理士が必要とされる的な!

税理士は税金に詳しい人ってだけでは国民から必要とされないよね。税務署と国税庁ホームページで十分って感じで。

有利な税制を知っていて教えてくれるというのも税理士の仕事ではあるが、それは依頼できるお金がある人にしか、利益がないよね。

納税しない人たちのことも考えた税理士がいい。

そうすると、税の専門家としてドヤ顔であちこちに提言できる税制改正の提案書で社会貢献すればいいのではないか?(建議権、という提案してよい権利が税理士会にある)

納税しない人たちも、税理士に「こういう税制がヘン」とかって話せたらスッキリするんじゃないか?

で、税理士は「そういう風に考えているんだなぁ」と思える。

現場の国民の声をもとに、税理士がよりよい税制改正を検討することができる。

税理士が話し合って出した、よりよい税制を行政に建議することができる。

よりよい税制を行政だけではなく、政治連盟という存在を一枚かますことで、国民の声を政治家への教えてあげることができる。

どうよこの、風が吹けば桶屋が儲かる的な!

・これがいい!私の税理士像

税理士は、職業上の責任を果たすという意味から、国民の声を税務処理以外の観点からも注意深く聞く。そして専門家というフィルターを通してよりよい税制を常に考える。で、その実現のために行動する。

その税制改正の実現のために、政治連盟は超重要です、さぼってる人は入ってネ!

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。