JAにて税務支援

モスピ

2020.2.7 税理士は、無償独占のため申告応援団体へ税務支援に行きます!

なんと、去年「モスピちゃん、可愛いからグッズほしいんです」とおねだりしたところ、偉い人なのに覚えててくれて、いただいちゃった♪

すっごい嬉しい(〃▽〃)ポッ ので、さっそく2020年の手帳に貼りました♪かわいいっしょ?ヒヨコじゃなくてカモメらしいよ。帽子を脱ぐと、毛がありません笑

(関連過去記事)黒川セレサモスでモスピ → https://mina-office.com/2019/08/06/seresa-mosu/

ありがとう、JAさん!

去年は初めてのJAでの税務支援でした、去年のレポはこちら。(関連過去記事)JAで申告のお手伝い。タテコー!→ https://mina-office.com/2019/02/07/ja-shien/

******

さて。

昨日と本日と、川崎市の農協にて農家さんたちの確定申告税務支援!

青色申告会が、農協へ出張して農家さんの決算書作成を手伝うので、確定申告について税理士が税務支援をするのです。

同じJAでも、支店によって農家さんが取り扱う農作物が違うし、支店の雰囲気も違う。

おもしろいよ!

ほんの一握りの農家さんの税務支援を行うだけで、川崎の都市農業の現実を目の当たりにします。

川崎の農地は小さく分断され、スケールメリットが乏しく、大量生産大量販売が出来ないのです。固定費がかさむので、儲けを出すには相当の工夫が必要。消費者の目線からは、畑が小さいので、農家さんの目が届きやすいから農作物の安全性という観点からは信頼できる。・・・・って大学の偉い先生が言っていました!

農協の職員さんにもあれこれ聞いてみて、知らない仕組みがたくさんある。知らないところで、色んなことが行われているんだなぁ。

JAも含め青色申告会の税務支援は難しい質問を受けることがあり。

レアな案件を触れることができるのがありがたいよね。

JAは、特殊論点があるので勉強になる。タテコーなど、職員さんの方が詳しいんだけど…学校じゃないぞ、とお叱りを受けるかもですが、地域に育ててもらい地域に恩返ししましょう。

2020年は、川崎セレサの4支店すべてにお邪魔させていただきます♡(本当に邪魔)

自称農業税理士ですが、知らないことが多すぎてね。去年は気が付かなかったことを今年は気が付くようになる。

えらーい!がんばれ、わたし!(自分で言うっていう)

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。