おZOOMセミナー受講。松嶋洋先生の。

2020.5.16 土曜日ですが、代々木にてLIVEセミナーです。はじめてWEB受講しました~。良かったです!(東京・神奈川共催)

今回のセミナー内容は、税務調査を中心に税法の読み方・考え方を勉強。外部講師として松嶋洋先生が講師をしてくれました~。(結構な有名人と思います)

・受講環境について

なんと90人近くの友達と一緒に受講しました~。

※任意団体のWEB研修は、東京地方税理士会の研修時間に算入されないようです。別にいいけど。

事前に配布してくれるレジュメに沿った講義。映像には話してくれる松嶋先生の生映像がありますが。わたしはPC画面上でレジュメを見ながら聴きました~。

なので、他の受講者の様子や食いつき感などは分からず。うっかり、ひとりで聴いてる気分になってしまった。いろいろアブない。

今回のルールは、受講者の音声をオフにすることと、受講者の画面を写すこと、でした。

会費で受講するセミナーなので、視聴泥棒を避けるために良かったと思います。受講者がみんな仲間だから、全然イヤじゃないしむしろ良かった

休憩中も受講者同士でやりとりが出来ないけど、チャットとか使ってもよかったかもね。(事前にZOOMの使い方研修まで開催してくれたので本当にありがたかったわ。年間2万円ちょいの会費しか払ってないのにさ)

3時間ほどのみっちり受講。松嶋先生ありがとうございました!

質疑応答の時間があったら良かったけど、WEBだと難しいのかもね。受講生も多かったし。講義の後、すぐにWEB飲み会が開催されたので、わたしは退出しました~。

・受講の感想

受講の内容だけど、元国税OBならではの現場感覚が面白いです。(松嶋洋先生のツイッターは激しい発言も多くて楽しめます)

セミナー講師も慣れていて(てかセミナー講師や執筆が本業かも。)「○ページの右側」みたいに何度も言ってくれるので助かる。(レジュメ80ページ近くもある!)

会場開催と違って、スライドを映せないorスライドを受講者が見ているか不明だからだと思うけど、「話を聴きながらレジュメの該当ページを探す」ストレスを排除してくれて助かる。

松嶋先生はレジュメにないことも話してくれたけど、ほぼレジュメに沿っているので聞く側からするとわかりやすい。(復習もできるし)

話し言葉ベースの講義で、難しい法律用語があんまり出てこないので、受講中はスルリと聞けました。通りすがりの夫(一般人)も「なんか面白そうだね~」と言ってた。(すぐ退出させたので、視聴泥棒にはあたらないと思う!セーフでしょ)

原論のようにじっくり考えながら学ぶのが一番血肉になる。けど、今回のように外部講師の短時間の1回きりだと、難しいと頭に入らないよね。事前にレジュメ予習していたせいもあるけど、聞いててストレートに頭に入るセミナーでありがたかったわ。

「それは元国税だから通用するんだよな~」と思う場面もあるけど、すべてを鵜呑みにしませんわ。なかった視点があったりなど、ためになりました。

あ。意外な発見がありました。

税務調査への向き合い方のベースは北野税法学で学んだことと重複していた!お師匠さんたちがいつも言ってるヤツだ!といううれしさがあったわ。(よかった。真面目に勉強してて)

「元調査官でも同じように考えているんだ!」と感じました(松嶋先生が変わってるだけかもしれぬ。多分そう)。

北野税法学が偏っているわけでもなさそうでした~(いや、偏っているだろ、という)。

・学びは大事

外出自粛で人と会えないなか、みんなと一緒に勉強できて良かった。運営の皆さん、講師の先生、一緒に勉強した会員の仲間たち、ありがとう~♪

税務調査が来なければ何してもいいという訳ではないよね。現実に調査があってもなくても、いつもの会計処理・税務処理ひとつひとつに法律に真摯に向き合わねばならぬ。

改めて気分がシャッキリします。

投稿者: 小野寺 美奈

税理士。相続診断士。FP。 川崎市・東京多摩地方を中心にした、地域密着・現場主義。 税務の記事はご自身で税法を確認されるか個別に有料相談に来てくださいね。